HOME » 妊娠中・出産後に尿漏れ・頻尿で悩んでいる。

妊娠中・出産後に尿漏れ・頻尿で悩んでいる。

作成者

京都府京田辺市のマタニティ(妊婦)産後骨盤矯正専門 ママミニョン

 

妊娠中・出産後のお悩みでベスト3に入る、尿漏れ・頻尿。

でもなかなか人に悩みを相談出来ないですよね。

 

 

このブログを見て頂くと、

 

●尿漏れの原因

●骨盤底筋について

●産前産後ケアの必要性

●尿漏れの対処法

 

が分かりますので是非参考にして下さい。

 

 

尿漏れの原因

出産後の骨盤はダメージを受けて緩んでしまっている

 

妊娠すると、体が出産する為の準備を始めます。

お産の時にスムーズに出産が出来るように、「リラキシン」というホルモンの影響で、骨盤を緩めていきます。

リラキシンの影響で骨盤が緩んでいる状態が、妊娠してから出産後1年ほど続きます。

骨盤が歪んでいると内臓の働きが悪くなる。

骨盤は内臓を支えている働きがあります。

骨盤が緩んで歪んでしまうと、内臓が元ある位置から下に下がってしまいます。

これが俗に言う「胃下垂」(ぽっこりお腹)です。

 

内臓が下に下がってしまうと、機能が弱くなってしまいます。

 

骨盤が支えている臓器を具体的に挙げていくと

胃腸・子宮・膀胱などがあります。

 

膀胱が本来の機能が弱まってしまうと、尿が溜まっていなくても尿意を感じるようになってしまいます。

ママリュクスイラスト

骨盤底筋(ペリネケア)について

 

骨盤底筋をご存知ですか?

産後ケアの本場フランスでは「ペリネ」と呼ばれています。

骨盤底筋はその名の通り、骨盤の底にある筋肉です。

 

骨盤底筋の役割

①内臓を支えている

②膣を締めている

③骨盤を安定させている

 

主にこの3つの役割があります、

 

尿漏れ・頻尿に関係があるのは②ですよね。

 

しかし、ただひたすら骨盤底筋を鍛えたらいいわけではありません。

出産後など、骨盤が歪んでいる状態で骨盤底筋を鍛えてしまうと、骨盤が歪んだ状態で固まってしまいます。

今現在、尿漏れで悩んでいる方は大丈夫ですが、出来るだけ産後ケアを受けて頂く事をオススメします。

 

産後ケアの必要性

 

 

自然分娩 or 帝王切開 での出産

 

症状がある or  ない

 

に関係なく、出産後の女性は産後ケア(産後骨盤矯正)を受ける必要があります。

 


 

なぜなら、出産後は女性の今後の人生を左右する大事な時期だからです。

 

 

もし産後ケアをせずに子育て・育児をすると・・・

腰痛・肩こり・尿漏れ・不眠症・イライラする・太りやすい体質になったり、

旦那さんとの原因になったり、虐待の原因にも

 

もし、産後ケアをせずに更年期を迎えると

 

更年期障害になってしまったり、

尿漏れや子宮脱などのマイナートラブル

 

腰痛・股関節や膝関節の変形のにも関与します。

 

きちんと産後ケアを行うことができたら。

 

今までよりも健康でキレイな身体になれる事ができるのです。

 


 

尿漏れの対処法

 

ママリュクスイラスト

 

先ほども述べたように、尿漏れをよくするには「骨盤底筋」を鍛える必要があります。

 

骨盤底筋の鍛え方

 

①座った状態で両ひざの内側に折ったバスタオルを挟みます

(バレーボール程の大きさのゴムボールでも可⇒100円均一で販売しています)

※膝の角度は90度で座って下さい。

 

②深呼吸をします

※鼻から吸って鼻から出します

 

③膣を締めます

※肛門を締める感覚・おしっこをガマンする時の感覚と同じです。

 

④ ②と③を同時に行います

鼻から息を吸って鼻から吐いて、吐いた時に膣を締めていきます。

それと同時に挟んだタオルを内側に力を入れて、吸った時に緩めるのを繰り返します。

 

※回数は初めの内は1日に5回~10回行って、慣れてきたら数を増やしてください。

無理をせずに自分のペースで行なって下さいね。

 


 

詳しい方法を知りたい方は動画をプレゼントします。

 

ご希望の方は【ペリネの動画希望】とLINEでメッセージを送って下さい。

 

友だち追加

 

当院ホームページはこちらをクリック

      ⇓

mamaluxe.jp/members/mignon/ ‎