mamaluxe > 近畿 > 京都府 > 産前産後ケア専門 整体ママミニョン

産前・産後骨盤矯正専門 ママミニョン -mamamignon 京田辺市 精華町

メニュー

【つわり・吐き気がつらい妊婦さんへ】京都府京田辺市のマタニティ産後骨盤矯正専門ママミニョン

作成者

京都府京田辺市のマタニティ産後骨盤矯正専門ママミニョン院長の青山です。

 

「赤ちゃんを妊娠した」と嬉しい気持ちになっているのもつかの間、出産に向けて妊婦さんの体は大きく変化します。

 

 

その中でも妊婦さんでお困りの方が多い、「つわり・吐き気」

つわりが起こるはっきりとした原因は分かっていないと言われています。個人差はありますがつわりになるのは、妊娠5週頃です。ひどくなリ出すのは妊娠6週〜7週頃です。

つわりが起こっても妊娠12週頃には治ることが多いですが、長引く妊婦さんもいています。

 

今回の内容は、つわりの症状の中でも特に多い

吐きづわりと食べづわりの対策

についてをご紹介しますので是非参考にしてください。

 

 

 

吐きづわりの対策

 

「吐きづわり」とは、とにかく一日中吐き気がして、何度も嘔吐してしまうの状態のことです。二日酔いや乗り物で酔った時は嘔吐してしまえば楽になることが多いですが、嘔吐しても吐き気が楽にならない所がつわりのつらい所です。

 

とにかく吐いてしまう「吐きづわりは」つわりに代表的な症状です。ひどい場合は何も食べられなくなったり水を飲んだだけでも吐いてします事も。

[1]食べられない時は無理に食べない

食べたくない時や食べ物を受け付けない時は無理食べる必要はありません。ただし何日も食べられないとなると、妊婦さんの栄養が取れなくなりお腹の赤ちゃんの発育にも悪くなります。何日も食べられない場合は病院を受診し点滴などを受けるなどして相談して下さい。

 

[2]無理をしないで休む

つわりで体調が悪くても、「家事をしないといけない」「上の子のお世話をしないといけない」などの理由で休めない妊婦さんが多いのだと思います。

つわりがひどくて体調が悪い時は、無理をせずに体を休ませることが大事です。

 

仕事や家事をできるだけ人に任せるようにして下さい。

家事を任せられる人がいなければ、食事は惣菜を買ったり〝手抜き〟をしてみて下さい。

 

 

[3]食べやすい物を食べる

麺類やゼリーなど、さっぱりとした食べ物なら食べやすい妊婦さんも多いと思います。トマトなどの酸味の強い食べ物も食べやすい妊婦さんが多いですよね。

吐きづわりは体から水分を体の外に出してしまうので脱水症状になりやすいです。

水やお茶が飲みにくければスポーツドリンクが飲みやすくてオススメです。

水分を受け付けなければ氷を舐めて水分補給をすることをオススメします。しかし、氷の舐めすぎは体を冷やす原因になるので注意をして下さいね。

 

 

[4]気分転換をする

妊娠すると仕事を産休で休んでいたりして外出する機会も減ってきます。

ましてや、つわりで体がつらいと余計に外出しなくなってしまいます。

つわりが辛いからといって、ずっと家にいてたりすると気分が落ち込んでしまい更につわりがつらくなります。

もし外出するのがつらいなら、自分の好きなことに集中してみるのがオススメです。

映画を観る、漫画を読む、友達とおしゃべりをする、ゲームをするなど。

何かに集中する事でつわりの症状を忘れられて、気分転換にもなりつわりが治まる事もあります。

 

食べづわりの対策

 

吐き気が強い時は食欲がですが、お腹が減ると更に吐き気が強くなるのが「食べづわり」です。何か食べ物を食べている時は治まりますが、特定のものしか食べなられないことが多く、毎日同じ食べ物を食べ続けないといけない事もあります。

 

[1]小分けに食べる

食べすぎになると、肥満や栄養の摂りすぎになってしまうので、空腹にならない程度に小分けにして食べるようにするのがオススメです。食べすぎて栄養のバランスが崩れないように注意して下さい。

 

 

[2]何か口に入れておくようにする

食べづわりを防ぐには、お腹が減らないようにすることが大事になります。かと言って、常に食べ物を食べるわけにはいかないので、「梅干しの種を食べて味が無くなるまでしゃぶる」「飴をなめる」「〝おしゃぶり昆布〟が味が無くなるまでしゃぶる」などがオススメです。

低カロリーのゼリーもオススメです。

食べすぎには注意して下さい。

 

 

[3]朝起きてすぐに食べるようにする

朝は食べづわりが起こりやすい時間帯です。夜寝ている時もカロリーを消費している

為です。前の夜に寝る前からすぐに食べられる朝食を準備しておくことがオススメです。お腹が減って食べづわりにならないように朝起きたらすぐに食べることがオススメです。

 

 

骨盤のゆがみはつわりの原因の1つ

 

つわりの原因ははっきりとあるわけではありません。

妊娠による体の変化、ホルモンバランスの変化、などの色んなことが合わさってつわりが起こります。

色んなつわりの原因の1つに骨盤のゆがみがあります。

骨盤のゆがみがあると、血液の流れが悪くなり、各臓器の働きが悪くなりつわりになることがあります。

骨盤のゆがみを整えて、血液の流れが良くなり、各臓器の働きが良くなりつわりが治まることがあります。

当院の〝マタニティ整体〟はソフトな施術ですので妊婦さんも安心して施術を受けることができます。

 

 

まとめ

妊娠中は出産に向けて体が大きく変化します。

つわりの原因ははっきりとしていませんが、つわりのつらさは必ず治まります。

可愛い赤ちゃんが生まれるための前ぶれだと思って良いイメージを持って出産を迎えて下さい。

今回紹介した事も無理のない程度に試すようにして楽しいマタニティライフを過ごして下さいね。

 

 

 

 

●無料相談実施中!!

妊娠中・出産後・子育て中の

体や心のお悩みご相談して下さい。

どんな些細なお悩みも受け付けております。

LINE@でメッセージをお待ちしております

 

 

 

 

●施術者の紹介

[院長]   青山 一也

[国家資格] 柔道整復師 鍼灸師

[施術歴]  14年以上

[趣味] お寺・神社巡り 料理 スタバに行く

 



全国にプロの治療家に向けて セミナーをしています

 


 

初めての方へ

妊娠中・出産後の身体のトラブルで悩んでいる方を一人でも救いたいと思っています。

そんなあなたの為に初回限定の価格を用意しました。

 

産後骨盤矯正・マタニティ整体 

1回7800円

   ⇩ 

初回限定価格

1回2980円 

にさせて頂きます。

※現在大変予約が埋まっている為、月に10名様とさせて頂いております。

 

 

 

予約方法

※予約はLINE もしくは 電話でお願いします。

 

●予約の際に『初回限定キャンペーン希望』とお伝え下さい。

①LINE@で予約

②電話で予約

 

 

 


アクセス方法

 

⇧タップするとGoogleマップが表示されます。


 

 

 

産前産後ケア専門ママミニョン

〒610-0331京都府京田辺市田辺十曽2 フォレストキタゲン202

●JR京田辺駅 近鉄新田辺駅 徒歩5分

●院前に駐車場あり(無料)

●アルプラザ京田辺店すぐ

●枚方市・城陽市・木津川市・八幡市・宇治市などからお越し頂いております。