HOME » 京田辺市で妊娠中・産後の恥骨痛を諦めかけているあなたへ【京都府京田辺市のママミニョン】

京田辺市で妊娠中・産後の恥骨痛を諦めかけているあなたへ【京都府京田辺市のママミニョン】

作成者

『産前、産後の恥骨痛』

 

 

妊婦さんや産後のママさんのお悩みのひとつに恥骨痛があります。

 

体の中でもデリケートな部分ですので、気軽に診察・相談が出来ない場所です。

 

我慢をしていませんか?

 

また、妊娠中の場合には

『妊娠しているから諦めている』

『出産が終わると良くなるだろうから・・』

と病院で言われて、我慢するのが思っている人が多いのだと思います。

 

でも実際には、『産後も痛みが続く』『痛みがひどくなる』『今は大丈夫だけど産後に痛みが出た』などというケースもよくあります。

 

妊婦さんも産後のママさんも赤ちゃんを育てたり、家事をしたりしないと行けないのに、痛いのを我慢しながら生活をしていけるのでしょうか?

 

妊婦さんや産後のママさんこそ一番健康で元気でなければなりません。

 

 

骨盤矯正で恥骨痛は楽になります。

 

早い段階で施術することをオススメします。

このブログでは、恥骨痛をはじめ恥骨が関連するお悩みについてお伝えします。

 

 

矢印のところが恥骨で、丸のところは恥骨結合という靭帯です。

 

妊娠から出産に向けて、産道を確保するために恥骨結合が緩みます。

恥骨痛はこの恥骨結合が歪むこと、または負担がかかることで起こります。

 

恥骨痛の原因

妊娠中の恥骨痛

妊娠すると、赤ちゃんが産道から出てきやすいように体の準備が始まります。

骨盤を開いて産道を確保する為に、骨盤を緩めて行きます。

 

骨盤だけではなく全身の関節が徐々に緩みやすくなります。

 

妊娠後期に入ると赤ちゃん(子宮)が大きくなる為に骨盤への負担が大きくなります。

 

それが原因で恥骨に歪みが出てしまい痛みが発生します。

 

 

ごくまれに妊娠の初期から恥骨痛になることもありますが、いずれの場合も元々の骨盤や体の状態が悪かった場合になりやすいです。

 

産後の恥骨痛

出産直前の時期は骨盤が一番緩みます。

そして骨盤が一番歪みやすい時期です。

 

妊娠中から恥骨痛があった人はそのまま歪みを残して出産することになります。

妊娠中にはなかった人でも、出産をする時に骨盤が歪んでしまって恥骨痛になることもあります。

 

出産をして日にちが経つにつれて、開いた骨盤が元の状態に戻り始めます。

 

自然に正常な骨盤に戻れば特に問題はないのですが、中には歪みを残したままの場合があります。

そうなると腰痛や恥骨痛が起こります。

 

状態としては妊娠中の恥骨痛と同じく、左右の恥骨がズレています。

 

 

その他の時期の恥骨痛

妊娠中や産後でなくても、力仕事やする人やスポーツをする人などが恥骨痛になることもあります。

原因は激しい動きで骨盤(恥骨)ズレてしまう事が考えられます。

 

恥骨痛を緩和させる方法

①姿勢に気をつける

姿勢が悪くなると、恥骨痛はひどくなります。

特に、悪い姿勢でいてしまうとお腹の重み上半身の重みが恥骨に乗ってしまい恥骨の痛みをひどくしてしまいます。

 

普段過ごす際には骨盤を立てるイメージで過ごすようにすると恥骨痛の緩和になります。

 

 

この立ち方を参考にして下さい

タップすると動画が見れます⇩

 

②骨盤ベルトを使う

 

妊娠中や出産後はホルモンの影響で骨盤が緩んでいます。

骨盤が緩んで歪んでしまうと、体が上手く支えきれなくなり恥骨痛になってしまいます。

 

そこで使用するのが骨盤ベルト。

 

骨盤ベルトを使用することで、骨盤が安定し体を上手く支えられるようになりなす

 

骨盤ベルトを巻く場所

骨が一番出っ張っている所に巻きます。

 

ベルトを巻く所では無いです。

 

“気をつけ“をして立って、手のひらが当たる部分の出っ張りです。

 

 

※長時間つけると体に負担が大きくなるので注意して下さい。

寝るときは外して下さい。

 

 

③骨盤底筋を鍛える

 

骨盤底筋とはその名の通り、骨盤の底にある筋肉の事です。

骨盤底筋の役割は、

①骨盤を安定させている

②体を支えている

 

などがあります。

 

妊娠中は子宮を支えている役割もあります。

骨盤底筋は出産の時に赤ちゃんが生まれてくる時に通る場所でもあります。

 

なので妊娠中や出産後の女性は骨盤底筋が弱くなってしまいます。

 

そうなると、骨盤に負担が大きくなり恥骨痛になってしまいます。

 

こちらをタップすると動画が見れます⇩

 

 

 

恥骨痛にならない為の生活習慣

 

骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋を鍛えることは、恥骨痛の緩和だけではなく予防にも効果的です。

 

先ほどの動画のやり方が、難しければ膣を締めたり緩めたりするのを意識をするだけでも効果的です。

(膣を締めるのが難しければ、肛門を締めたり緩めたりすることを意識して下さい)

 

産後に負担をかけない

 

産後に恥骨痛や体の痛みに悩まされない為には、出産後1ヶ月の過ごし方が大事になってきます。

 

出産してから1週間ほどは、入院をしていて身の回りのことを、病院の人にしてもらえます。

しかし、退院してからは家事や洗濯、身の回りの事は全て自分でしなければいけません。

 

自分の両親、旦那さんに手伝ってもらうなどして、負担をかけないように注意して下さいね。

 

 

普段の悪いクセを直す

 

普段のクセが悪いと、体に負担が大きくなります。

そうなってしまうと、恥骨の痛みや体の痛みになってしまいます。

 

普段の悪いクセを直すことで、体の負担が軽減されますので心がけて下さい。

 

①足を組まない

②荷物は左右まんべんなく持つ

③お姉さん座りをしない

 

 

 

もし色々試しても、恥骨の痛みが改善しない方は当院に相談して下さい。

産後に骨盤が歪んだまま時が過ぎると、骨盤が歪んだままで固まってしまうので注意して下さい。

 

 

 

当院の施術者は産前産後ケア専門の国家資格保持者です。

 

妊娠中や出産後の体や心のお悩みはお気軽に相談して下さい。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

無料相談実施中!!

妊娠中・出産後・子育て中の

体や心のお悩みご相談して下さい。

どんな些細なお悩みも受け付けております。

LINE@でメッセージをお待ちしております

 

友だち追加

 

ママリュクスのLINE@ができました