HOME » 大阪市立自然史博物館に書いてあった骨盤のお話~骨盤・骨盤矯正・骨盤底筋・二足歩行~

大阪市立自然史博物館に書いてあった骨盤のお話~骨盤・骨盤矯正・骨盤底筋・二足歩行~

こんにちは!

ママリュクス芦屋本店の北川秀子です。

 

うちの4歳の息子は今、昆虫ブームです。

 

赤ちゃんのころからのブームの経過は、

 

アンパンマン→トーマス→ショベルカー→仮面ライダー→昆虫

 

といった流れで移行してきています。笑

 

大阪の長居公園でやっている昆虫展に行ってきました。

 

大阪市立自然史博物館に入って化石なども見ましたが、いまいち4歳と7歳にはおもしろさがわからなかった模様😂

 

私的に思わず写メったのが、これでした。

人間が二足歩行に変化し、骨盤が変わりましたということが書かれています。

 

ヒトの内臓の重みを、直接支えているのは骨盤だ

 

直立して歩くヒトの骨盤は、内臓を支える容器の役目も持っている。

上部も広がり、そこはすぼんでいる。

他のケモノとちがい、ヒトが難産で苦しむのは、こんなところにも原因があるのだ。

 

歴史ある博物館で昔から書かれていて、みんな読んでいるであろうこの文章。

おしい!もう一声足してほしい!

 

内臓を直接支えているのは、骨盤。

でも、よく見て!

骨盤、底抜けてますよ!!

 

しっかりと支えようと思うなら、絶対骨で支えた方がいいのですが、

 

排尿・排便・出産をするための穴が必要だったのです。

 

そのために、骨盤底筋というハンモック状の筋肉が骨盤の底にあり、

四足歩行の時はダイレクトにかからなかった負担が、二足歩行になったために、

全部骨盤底筋で内臓を支えることが必要になりました。

 

つまり「ヒトの内臓の重みを、直接支えているのは骨盤と骨盤底筋だ」

 

と、足してほしいのです!

 

その全てを支えている骨盤が緩み、歪み、骨盤底筋が伸びきって、力が入らなくなる

 

それが産前産後の女性骨盤です。

 

骨盤と骨盤底筋がどれほど大切か!

 

一生内臓を支え続けてくれる骨盤底筋を、産後にしっかりとケアして治しておくこと、日ごろから骨盤底筋を傷めない姿勢や生活スタイルを続けていくこと。

 

寿命が長くなった今、健康寿命を延ばすのは骨盤底筋にかかっていると言っても過言ではありません。

 

骨盤底筋ケア、つまり、ペリネケアしましょう。

 

正しく整えて、正しく使う方法をお伝えしています!

 

 

産前産後の体や心の辛さでお悩みの方は

mamaluxeまでお越しください

あなたの支えとなることをお約束致します。

 

【ご予約やお問い合わせ】

LINE@にて24時間受け付けております。

登録者限定のイベント案内や

割引チケットを配信しています。

 

★ぜひお友達登録をしてください★

友だち追加

 

ママリュクスのLINE@ができました

 

 

LINE ID : @bza1250

登録後はお名前(フルネーム)もしくは

お気に入りのスタンプを1つ送ってください♪

【お電話でもご予約が可能です】

0797-23-3177

お電話にてご予約の際は

➀お名前フルネーム

②ご希望の店舗

③ご希望の日時

④託児の有無

⑤妊娠何週・産後何ヶ月

⑥ご連絡先

をお聞きしますので、予めご用意ください。

 

【mamaluxe(ママリュクス)】

「 mama : 母 + luxe : 優雅 」の意味があり、言葉通り

ママを優雅にする

という想いが込められています。

「ママの笑顔は子どもの笑顔」

をモットーとし

「産前産後ケアを当たり前の世の中へ」

することをミッションとしています。

その想いに集まった全国のmamaluxeの認定店が、

産前産後ケアを日本中に広めていくために

日々活動しています。

全国のmamaluxe認定店はこちら

 

mamaluxe芦屋本店ホームページはこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

https://mamaluxe1.com/ashiya.html