HOME » 【産後の腰痛が起きる理由】兵庫県伊丹市でおすすめのマタニティ・産後骨盤矯正専門院 スリール

【産後の腰痛が起きる理由】兵庫県伊丹市でおすすめのマタニティ・産後骨盤矯正専門院 スリール

作成者

こんにちは!

日本こども未来協会】所属
産前産後専門整体 mamaluxe(ママリュクス)】認定院

 

伊丹市にある、ママとその家族を笑顔にする
産前産後専門整体サロン Sourire(スリール)
代表の國見です(^^)

 

本日もブログをお読みいただきありがとうございます!!

 

本日は【産後の腰痛が起きる理由】という内容をご説明します。

 

 

なぜ産後の腰痛は起きるの?

 

①妊娠・出産での骨盤の歪み、開き

②姿勢の変化

骨盤底筋・その他の筋力低下

④育児などでの使い方

などがあります。

 

 

①妊娠・出産により骨盤は歪みながら開きます。

 

本来腰から上の重たさを、

骨盤、腰回りの筋肉の2つで支えているのですが、

骨盤が緩んで歪んでいるせいでその役目を果たせなくなります。

 

なので腰回りの筋肉に普段以上に負担がかかるため腰痛が起きます。

 

骨盤を整えて支えれるようにし筋肉の負担を減らさなければなりません。

 

 

②妊娠中の影響でお腹を突き出し、腰が反る

妊娠中の影響で反り腰になっており、産後もその姿勢が癖付いています。

腰が反る事により腰の筋肉に負担がかかり腰痛となります。

 

なので骨盤を整え反り腰をなおさないとダメです。

 

 

骨盤底筋やその他の筋力の低下

 

上の図のように骨盤底筋が子宮・膀胱・腸を支えています。

妊娠により子宮が重くなると同時に骨盤底筋が伸びていきます。

 

 

そして出産時に膣から赤ちゃんが出ることで、

膣周辺の骨盤底筋がダメージを受けゆるゆるになります。

 

骨盤を歪まないようにキープしてくれる役割もあるので

ゆるゆるになることで骨盤が歪みやすくなります。

 

そうすると腰痛になりやすくなります。

 

 

あとは妊娠中により体幹の筋肉なども落ちているので、そちらのトレーニングも必要となります。

 

 

④育児での体の使い方

抱っこ紐 付け方

 

抱っこの仕方や授乳の仕方、抱っこ紐の使い方など。

育児の仕方でも腰痛になります。

 

上の図のように左の抱っこ紐の写真を見ると、腰が反っていますよね。

 

こうなると抱っこ紐すると腰痛になりやすくなります。

 

いかに育児を楽にしていくかが大事になります!!

 

 

 

産後は骨盤矯正だけではダメ!!

 

お伝えしたように産後に腰痛になる原因はたくさんあります。

 

産後の骨盤矯正だけしても不十分なんです。

ではなにをするのか?

 

①産後の骨盤矯正をする

②癖ついた姿勢を整え反り腰を治す

③骨盤底筋のリハビリ・落ちた筋肉の筋トレ

④育児に負担がかかりずらい使い方を覚える

 

 

いま世の中では、

①の産後の骨盤矯正ばかり広がっていますがそれだけでは不十分で

上記の4点すべてが必要となります!!

 

産後にケアを受けようと思っている方がおられたらぜひ参考にしてください!

 

 

産前産後のお悩みは専門の当院へお気軽にご相談下さい☆

 

 

 

本日もブログをお読みいただき本当にありがとうございました!

 

 

 

☆ママの笑顔は子供の笑顔☆
☆産前産後ケアを当たり前の世の中に☆

 

 

産前産後の体や心の辛さでお悩みの方は

「スリール」までお越しください。

 

 

【ご予約やお問い合わせ】

LINE@にて24時間受け付けております。

☆ぜひ友達登録してくださいね(^^)☆