mamaluxe > > >

【産後ケアの本質とは】

メニュー

【産後ケアの本質とは】

皆さまこんにちは!

 

一般社団法人ママリュクス代表の宮田雄平です。

 

2020年

日本は変革の年となりそうですね。

 

その大きな変革を

ママリュクスを通じて実現していきたいと思っております。

 

 

本日は

【産後ケアの本質とは】

 

 

についてお話ししていきます。

 

 

産後ケアの本質は心身を整えること

 

 

産後ケアの本質

 

それは
ママの心と身体の状態を整えること。

 

 

【心身】
という言葉があります。

 

 

この言葉は
心が身体であり
身体が心でもあるという意味。

 

 

つまり
人間は

 

心と身体のバランスが
重要だということです。

 

 

では
産後のママは
出産後、心と身体がどういう状態になってしまうかということを説明していきます。

 

出産後の心の変化

 

 

「心の面」では

 

妊娠を維持するために上昇していた
エストロゲン、プロゲステロン
骨盤を緩ませていくリラキシンなどのホルモンは出産を期に激減します。

 

 

かと思えば
赤ちゃんを守るためのホルモンであるオキシトシン、授乳をするためのプロラクチンなど
出産を期に新たにでてくるホルモンがあるのです。

 

 

普通では
あり得ないくらい異常なホルモンバランスの変化です。

 

 

この変化は
脳の中枢の部分に作用し
自分の意思とは関係なく、心の状態がとても不安定になります。

 

出産後の身体の変化

 

「身体の面」では

 

出産後、ホルモンや出産の影響で
身体の土台である骨盤は広がり、緩んでいて腰痛や肩こり、骨盤の不安定感などが起こります。

 

それに身体を支える筋肉にも大きな変化があり

 

排泄や内臓を支える役割の
骨盤底筋には出産によるダメージや妊娠中の赤ちゃんの重みを支えることで筋肉が伸長し

機能が低下している状態になっています。

 

 

お腹が大きくなることで腹横筋などの大切なインナーマッスルは伸びたり使えなかったりしているのです。

 

 

それに加えて
赤ちゃんへの頻回授乳、夜泣き、抱っこ、オムツ替えなどなど

 

出産後のただでさえ心身のバランスが崩れている時期に
肉体的、精神的に
とても過酷な重労働が待っています。

 

 

つまり
出産後は

 

 

「心の面」
「身体の面」

両方ともバランスが崩れていて
両方とものケアやサポートが不可欠なのです。

 

 

どちらかが欠けていても良くないです。

 

身体を元の状態に戻しながら
心のケアもしていく。

 

 

それが

 

 

 

です。

 

 

妊娠中、出産後のママ達を救いたい。

そのためにも

 

ママリュクスの産前産後ケアを
全国どこでも受けられるように

 

mamaluxeは

全国2000店舗を目指します。

 

この投稿をみて

 

もっと
産前産後のママに優しく、サポートしよう!

 

 

そんな人が1人でも増えることを心から願っています。

 

 

【産前産後ケアを当たり前の世の中へ】

 

 

一般社団法人ママリュクス代表理事 宮田雄平