HOME » 【産後に骨盤底筋のケアが必要な理由】  兵庫県伊丹市でおすすめのマタニティ・産後骨盤矯正専門院 スリール

【産後に骨盤底筋のケアが必要な理由】  兵庫県伊丹市でおすすめのマタニティ・産後骨盤矯正専門院 スリール

作成者

こんにちは!

日本こども未来協会】所属
産前産後専門整体 mamaluxe(ママリュクス)】認定院

 

伊丹市にある、ママとその家族を笑顔にする

産前産後専門整体サロン Sourire(スリール)

代表の國見です(^^)

 

本日もブログをお読みいただきありがとうございます!!

 

本日は骨盤底筋という筋肉についてご説明します。

ここが妊娠・出産でダメージを受けます。

そのダメージを受けたままにしておくと

尿漏れ、2人目不妊、子宮脱、ぽっこりお腹などの原因となります。

 

 

骨盤底筋とは?

まず骨盤底筋といわれてもイメージがわかないと思うので画像で説明します。

 

 

上記の図が骨盤底筋です。

 

骨盤の底にハンモックのようについていて、

内臓(子宮、膀胱、腸)を支えている

骨盤が歪まないように支えている

締める筋肉でオシッコを我慢したりする際に働く。

 

という重要な役割をしています。

 

 

妊娠・出産でダメージを受ける?

 

産後に骨盤底筋がダメージを受けていると伝えましたが、

初めて聞く方も多いと思います。

 

骨盤底筋は子宮や内臓を支えているのですが、

妊娠が進むと子宮がどんどん大きく重くなります。

 

子宮そのものが1キロくらい。

子宮内の胎児、胎盤、羊水が5キロくらいで

計6キロくらいにまでなります。

 

いままで負担がないところに急に6キロほどの重さがかかるので

骨盤底筋はどんどん伸ばされていきます。

 

 

ハンモックのようについてる筋肉なのでハンモックをイメージしてください。

重ければ重いほど下に伸びていきますよね。

 

これと同じで骨盤底筋も伸びていくのです。

 

なので自然分娩・帝王切開関係なく、妊娠を経験した方

骨盤底筋が伸びてダメージがあるのでリハビリが必要です!

 

そして自然分娩の方は膣から赤ちゃんが出てくる際に、

膣周りの骨盤底筋がより引き伸ばされるので大ダメージとなります。

 

 

骨盤底筋をケアしないとどうなる?

 

骨盤底筋をケアせず放っておくと、

まず産後は骨盤底筋自体の筋肉が動かなくなっています。

 

筋肉はどの場所でもそうですが、動かさず使わないと

どんどん筋肉が落ちていきますよね?

 

それと同じで骨盤底筋の筋力が落ちていきます。

 

落ちるとどうなるか?

尿漏れがひどくなる。(くしゃみやジャンプ等)

子宮脱や内臓脱がおこる。

骨盤を整えてもすぐ歪む。

④内臓下垂となりぽっこりお腹がなおらない。

⑤子宮と関係するので2人目不妊の原因にもなる。

など他にもありますが、特に多いのが上記の症状です。

 

『今』は症状がなくても産後は確実に骨盤底筋にダメージがあります。

『未来』にかならず良くないことが起きるので絶対にケアが必要です!

 

産後の骨盤矯正という言葉は良く聞くようになりましたが、

骨盤底筋もしっかりケアすることが重要です!

 

いまどこかに産後ケアを受けにいこうか迷われている方は、

ぜひ骨盤底筋も診てくれる所にして下さい(^^)

 

 

本日もブログをお読みいただき本当にありがとうございました!

産前産後のお悩みは専門の当院へご相談下さい(^^)

 

 

 

☆ママの笑顔は子供の笑顔☆

☆産前産後ケアを当たり前の世の中に☆

 

 

 

産前産後の体や心の辛さでお悩みの方は
「スリール」までお越しください。

 

 

 

【ご予約やお問い合わせ】
LINE@にて24時間受け付けております。
☆ぜひ友達登録してくださいね(^^)☆