HOME » 【妊娠中に骨盤のケアが必要な理由】兵庫県伊丹市のマタニティ・産後骨盤矯正専門院 スリール

【妊娠中に骨盤のケアが必要な理由】兵庫県伊丹市のマタニティ・産後骨盤矯正専門院 スリール

作成者

こんにちは!

日本こども未来協会】所属
産前産後専門整体 mamaluxe(ママリュクス)】認定院

 

 

伊丹市にある、ママとその家族を笑顔にする
産前産後専門整体サロン Sourire(スリール)
代表の國見です(^^)

本日もブログをお読みいただきありがとうございます!!

 

『骨盤ケア』という言葉を聞いたことありますか?

 

 

今日は骨盤についてお話しします。

 

腸骨・恥骨・坐骨・仙骨という骨で構成された部分を

「骨盤」と言います。

妊娠中は、この骨盤が身体だけでなく

子宮を支えてくれるのです。

 

そして、妊娠が進むにつれて子宮が重たくなり、関節を緩めるホルモンの影響も重なり

骨盤の関節が緩んで広がっていきます。

 

 

骨盤が緩むことによって、腰痛や股関節痛が出ることもあります。
また、緩むということは、子宮が下がるということです。

 

子宮が下がることによって
頻尿・尿漏れ・便秘・切迫早産などのトラブルが生じることがあります。

 

骨盤が緩まなければ、子宮が下がることはありませんが
残念ながら、現代の女性は、骨盤が緩みやすい身体になってきています。

その最大の理由は生活の変化です。

 

骨盤を緩ませないためには、骨盤周囲の筋肉が大切です。
重力によって下がりやすい子宮を支えてくれるのは骨盤ですが
骨盤を支えてくれるのは筋肉です。

 

昔の女性は、農作業や家電のない家事を行うことで、腰回りの筋肉がしっかりしていました。

車社会になり、家電が流通したことにより
筋肉が十分に発達せず、骨盤を支えきれなくなっている女性が増えています。

 

 

ですから、妊娠中は特に、

*歪んだ骨盤を整えて
*下がった内臓をあげて
*ゆるんだ骨盤を支える骨盤底筋を動かす

という「骨盤ケア」が必要なんですね。

くれぐれも腰が痛いからといって手軽なマッサージで治そうとしないでください。

施術した後は一時的に楽にはなりますが、根本的に治ることはありませんのでご注意が必要です!

 

妊娠中や産後の骨盤はナイーブですのでなるべく専門家にご相談下さい。

 

本日もブログをお読みいただき本当にありがとうございました!

 

 

☆ママの笑顔は子供の笑顔☆
☆産前産後ケアを当たり前の世の中に☆

 

 

産前産後の体や心の辛さでお悩みの方は
「スリール」までお越しください。

 

【ご予約やお問い合わせ】
LINE@にて24時間受け付けております。
登録者限定割引チケットを配信しています。
☆ぜひ友達登録してくださいね(^^)☆