HOME » 【妊娠中に骨盤ケアが必要な理由】京都府京田辺市の妊婦マタニティの腰痛・恥骨痛は当院へ

【妊娠中に骨盤ケアが必要な理由】京都府京田辺市の妊婦マタニティの腰痛・恥骨痛は当院へ

作成者

京都府京田辺市の産前産後ケア専門院ママミニョン院長の青山一也です。

 

出産後の『骨盤ケア』を受けるのは想像がつきますが、妊娠中に『骨盤ケア』を受けるイメージはあまりないと思います。

今回は妊娠中に骨盤ケアが必要な理由についてお話しをして行きますので是非参考にして下さい。

 

 

妊娠中は骨盤に負担がかかっている

 

 

お産の時のダメージで出産後に骨盤がゆがんでいるのは想像つくと思います。

出産後のゆがみを整えるのも想像つくと思いますが、妊娠中も骨盤は負担がかかっています。

 

妊娠中の骨盤は、お産しやすくする為に体が大きく変化します。骨盤もその1つです。子宮の中にいる赤ちゃんが産道を通りやすいように『リラキシン』と言うホルモンの影響で骨盤を緩めます。

骨盤が緩む事で、骨盤がゆがんでしまい体への負担も大きくなってしまいます。

 

 

骨盤がゆがむとこんな症状が・・・

体が支えられなくなる

骨盤は体を支えている働きをしています。骨盤がゆがんでしまい働きが悪くなってしますと体が支えられなくなってしまいます。そうなると腰痛・肩こり・恥骨の痛みなど体の痛みにつながります。

 

子宮が下に下がる

骨盤のもう1つの働きは、骨盤内の臓器を支えています。骨盤内の代表的な臓器は『子宮』です。

子宮が元々ある位置から下に下がってしまうと、色んな不調につながります。

 

赤ちゃんの居心地が悪くなる

子宮の位置が下がってしまうと、子宮の中にいる赤ちゃんの居心地が悪くなてしまいます。赤ちゃんの居心地が悪くなってしまうと、子宮の中で赤ちゃんが自由に動けなくなり、逆子の原因になってしまいます。

あとは、早産、難産の原因にもなる事もあったり赤ちゃんの発育にも悪影響が起こります。

 

尿漏れ・頻尿の原因に

子宮のすぐ下には、『膀胱』があります。子宮が下に下がってしまうと子宮が膀胱を圧迫し尿漏れ・頻尿の原因になってしまいます。

少し前にトイレに行ったばかりなのに、尿意がある、トイレに行きたい原因は子宮が下に下がり膀胱を圧迫しているからです。

 

 

まとめ

妊娠中は骨盤がゆがみ子宮が下に下がってしまいます。

子宮が下に下がる事で、逆子・難産・尿漏れ・頻尿などの原因になってしまいます。

 

ですから特に妊娠中は『骨盤ケア』で

●ゆがんだ骨盤を整えて

●下がった子宮を整えて

●赤ちゃんの居心地を良くする

事が大事になります。

 

くれぐれも、お手軽なマッサージやエステで良くしようとしないで下さい。

マッサージやエステの施術をしたあとは一時的に楽にはなりますが根本的に良くなっているわけではないので注意が必要です。

 

妊娠中の『骨盤ケア』を受けて、笑顔で生活ができて安産で出産できる体に導いていきましょう。

 

 

 

 

●無料相談実施中!!

妊娠中・出産後・子育て中の

体や心のお悩みご相談して下さい。

どんな些細なお悩みも受け付けております。

LINE@でメッセージをお待ちしております

 

 

 

 

●施術者の紹介

[院長]   青山 一也

[国家資格] 柔道整復師 鍼灸師

[施術歴]  14年以上

[趣味] お寺・神社巡り 料理 スタバに行く

 



全国にプロの治療家に向けて セミナーをしています

 


 

初めての方へ

妊娠中・出産後の身体のトラブルで悩んでいる方を一人でも救いたいと思っています。

そんなあなたの為に初回限定の価格を用意しました。

 

産後骨盤矯正・マタニティ整体 

1回7800円

   ⇩ 

初回限定価格

1回2980円 

にさせて頂きます。

※現在大変予約が埋まっている為、月に10名様とさせて頂いております。

 

 

 

予約方法

※予約はLINE もしくは 電話でお願いします。

 

●予約の際に『初回限定キャンペーン希望』とお伝え下さい。

①LINE@で予約

②電話で予約

 

 

 


アクセス方法

 

⇧タップするとGoogleマップが表示されます。


 

 

 

産前産後ケア専門ママミニョン

〒610-0331京都府京田辺市田辺十曽2 フォレストキタゲン202

●JR京田辺駅 近鉄新田辺駅 徒歩5分

●院前に駐車場あり(無料)

●アルプラザ京田辺店すぐ

●精華町・枚方市・城陽市・木津川市・八幡市・宇治市・奈良市などからお越し頂いております。