HOME » 【離乳食】初期のころの「おかゆ」について

【離乳食】初期のころの「おかゆ」について

作成者

【日本こども未来協会】所属

【奈良県初のmamaluxe(ママリュクス)認定店】

整体サロン ななほし

 

代表の河田哲志(カワタサトシ)です。

 

本日もブログへお越しいただき、

誠にありがとうございます。

 

 

産後 離乳食 おかゆ

 

 

 

今日、お客さまとの会話の中でこんな質問がありました😃

 

 

 

「家では『7分づき米』を使用しているのですが、離乳食を始める際のおかゆには『精白米』を使用した方がよいのでしょうか?」

 

 

 

えーっと、正直その時はわかりませんでした😆💦

 

 

ですが、わからないことは必ず調べるのが当サロンのモットーです❗️❗️💪

 

 

調べましたのでこちらでお答えします😊

 

 

 

 

(以下は、色々な記事を参考にしながら抜粋してまとめています)

 

 

 

 

7分づき米(分づき米)とは?

香芝市 産前産後ケア 離乳食

 

 

 

7分づき米は白米より残っているぬかの部分が多いので、

ビタミンなどぬかの栄養分も多いですからとても良いです🎵

 

 

 

分づき米とは、

「玄米を何割精米しているか」を表しています。

 

 

10割精米していたら「白米・精白米」といいます。

 

 

 

順番でいうと、

 

 

玄米>3分づき米>5分づき米>7分づき米>精白米

 

 

となり、数字が小さいほど精米度が低いので玄米に近く、

数字が大きいほど精白米に近くなります。

 

 

 

離乳食 おかゆ 種類

 

 

 

 

色々な本や管理栄養士さん、助産師さんの記事を調べたところ、

 

赤ちゃんには消化の面では白米が良いと言われていますが、

 

 

7分づきでも、

 

しっかり炊いて、炊き上がったお米のつぶつぶを初めは裏ごししてなめらかにしてあげるとゴックンしやすくて良いです🙆‍♀️

 

 

どろどろし過ぎていたら水分加えて調節してあげれば問題ありません😌

 

 

 

 

 

その「しっかりと炊く」とは?

離乳食 産後 葛城市

 

 

 

☘米から炊く場合は炊く時間を通常より少し長め(10分ほど)に、そして水分量も少し多めにしてあげてください。

 

 

⭐️この水分量を多くというのがポイントです⭐️

 

 

 

 

 

 

☘炊いたごはんの状態から水を加えておかゆを作る場合、1時間~の浸水をして水を米の芯まで吸収させてご飯を炊いてあげることが大切です。

 

 

玄米は浸水時間がかかったり、もしくは圧力鍋で炊くなどの方法があったりと、「大変」「難しい」「固い」「消化が悪い」と感じる方が多くいらっしゃいます。

 

 

日頃から7分づき米を使用しておられるのであれば、炊き方も慣れていらっしゃるし、面倒などと感じることもないのであればご家族で同じごはんを楽しんで良いと思います。

 

 

7分づき米でしたら、浸水時間も1時間ほどで充分美味しく炊きあがります。

 

 

 

 

 

 

離乳食初期では「食べやすさ」が第一

離乳食 産前産後ケア専門整体サロンななほし 王寺町

 

 

クセのある玄米や3分づき米はやはり離乳食時期におすすめとは言い難いですが、7分づき米でしたら良いというのが大半でした😌

 

 

ただ、赤ちゃんが「食べない」となった場合は白米で挑戦してみるのも一つの方法かもしれません。

 

 

ある程度離乳食が進んできたら栄養価の高いごはんが嬉しいですよね😊

 

 

ぜひ、栄養たっぷりのごはんを食べさせてあげてください😆✨

 

 

 

 

 

 

また、消化の良い小粒の雑穀を加えてあげるのも一つの方法です。

 

 

「もちあわ」「もちきび」「ひえ」といった小粒雑穀は消化もよく炊きあがりも早いので、離乳食の後期食にも使用できます。

 

 

栄養価の高いものを、そして消化に良いもの、そんな時は小粒雑穀を使った★雑穀ごはん★もおすすめです🎵

 

 

 

 

 

離乳食に玄米がNGな2つの理由

離乳食 玄米 産前産後ケア専門整体サロンななほし

 

 

1️⃣消化しにくい

 

離乳食期は、赤ちゃんが母乳やミルクを卒業して、普通に食事ができるようになるための練習期間。

 

 

離乳食から栄養摂取することが目的ではありません。

 

 

食物繊維が豊富な玄米は、赤ちゃんの未発達な胃腸では消化しにくいので、かえって負担がかかってしまいます。

 

 

消化のよい母乳やミルクなどしか飲んでいない赤ちゃんには、まずは胃腸への負担が少ないものからあげていくことが大切です😊

 

 

 

 

 

2️⃣アレルギー

 

あまり知られてはいませんが、実は「米」も発症例の多いアレルゲンのひとつ。

 

 

中でも玄米は、穀類の中で最も抗原が高いものとして分類されます。

 

 

白米でアレルギー症状が出なくても、玄米だと出る可能性もあるので、米のアレルギーがある赤ちゃんの場合、玄米には細心の注意が必要です。

 

 

 

 

 

まとめ

離乳食 整体サロンななほし 骨盤矯正

 

 

🌈玄米や3分づき米は離乳食には向いていない

 

 

🌈7分づき米は水分量を多めに炊いて、つぶつぶをなめらかにすれば良い

 

 

 

 

ただ、今回色々と調べてみましたが、明確な答えはなく、いつからなら良いというような線引きもありませんでした。

 

 

もちろん、あかちゃん個人の消化機能の成長や体質などによっても違います。

 

 

なので、答えはあかちゃんが教えてくれるものではないでしょうか?😌

 

 

 

 

日本母乳の会が出している「離乳食」という冊子には、

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

母乳育児で離乳食を与える場合の内容は、

赤ちゃんが見慣れ、嗅ぎなれている、おかあさんが普段から食べているものであることが大切で、

 

赤ちゃんの噛む力の発達から舌と上あごで押しつぶせる程度のおかあさんの乳首くらいの硬さから始めるのがよい。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

と書かれています。

 

 

 

 

離乳食は母乳から固形食へと移行する時期の食事です👶

 

 

便の性状や機嫌、皮膚の状態や咀嚼の様子など、あかちゃんの様子を見ながら少しずつ進めていくことがポイントですね😊

 

 

 

 

 

わたしも良い勉強になりました😆

 

 

質問いただいたSさん、ありがとうございます✨

 

 

今回の記事が皆さまの離乳食のお役に立てれば幸いです😌

 

 

 

ではまた✋

 

 

 

本日も、最後まで読んでいただき、

誠にありがとうございました。

 

 

 

★こども達へ大人になる楽しみを★

★ママの笑顔は、こどもの笑顔★

 

 

 

【☘健康情報や育児に役立つ情報は以下から受けとれます☘】

下記をタップでLINEで直接ご相談24時間OK🙆‍♂️

https://line.me/R/ti/p/%40ujm7660r

 

 

【🌸整体サロンななほし産前産後HP🌸】

https://mamaluxe.jp/members/nanahoshi/

 

 

【エキテンHP🥇香芝市でクチコミランキング第1位❗️】

https://www.ekiten.jp/shop_28700646/

 

 

 

 

 

★ぜひ私たちの想いや活動を知ってください★

 

【日本こども未来協会】

「コンセプト」

子どもたちに大人になる楽しみを

 

「ミッション」

子どもたちの未来を

育てる人たちのための歯車になる

 

そのもとに

日本の子どもたちへ

より良い未来を残すために活動中

 

 

【mamaluxe(ママリュクス)】

「 mama : 母 + luxe : 優雅 」の意味があり、言葉通り

ママを優雅にする

という想いが込められています。

 

「ママの笑顔は子どもの笑顔」

 

をモットーとし、

 

「産前産後ケアを当たり前の世の中へ」

 

することをミッションとしています。

 

 

その想いに集まった全国のmamaluxeの認定店が、

産前産後ケアを日本中に広めていくために

日々活動しています。

 

全国のmamaluxe認定店はこちら

 

 

 

整体サロンななほしは産前産後ケアだけではなく、

【子育てを頑張るママを応援する】

整体サロンです。

 

【お子様連れ大歓迎】

保育士による無料の託児つきでママも安心。

 

優雅でリラックスできる

完全プライベートなお時間を提供します。