HOME » 妊婦さんに多い!【むずむず脚症候群】とは、どんな症状?改善策は?

妊婦さんに多い!【むずむず脚症候群】とは、どんな症状?改善策は?

作成者

【日本こども未来協会】所属

【奈良県初のmamaluxe(ママリュクス)認定店】

整体サロン ななほし

 

代表の河田哲志(カワタサトシ)です。

 

本日もブログへお越しいただき、

誠にありがとうございます。

 

 

 

眠ろうとすると、虫が脚を這っているようなむずむずする感覚がして眠れない…。

 

 

そんな症状で悩んでいる妊婦さんはいませんか?

 

 

実はこれ、

 

むずむず脚症候群
(レストレスレッグス症候群)

 

という、ちゃんと病名がついています。

 

 

睡眠を妨げ、大きなストレスになってしまう厄介なもので、

実は妊娠中になりやすいです。

 

 

 

今日はそんな「むずむず脚症候群」のついてのお話です。

 

 

 

むずむず脚症候群とは?

 

 

むずむず脚症候群(別名:レストレスレッグス症候群)とは、

脚に違和感や不快感があり、じっとしていられなくなってしまう病気のこと。

 

 

脚に虫が這っていたり、電流が流れていたりするような不快感があります。

 

 

 

その症状には、以下のような特徴があります。

 

 

(1)じっとしていられない

 

脚に生じる不快感は、「熱い」「ちりちりする」など様々であるものの、いずれも“じっとしていられないほど”の苦痛を伴うのが特徴。

 

 

中には「脚の中に手を突っ込んで掻きむしりたい」「脚を切断してしまいたい」という人もいるほどです。

 

 

不快感はふくらはぎ、太もも、足首の順に現れやすく、ごくまれに、お腹やお尻、肩、腕、顔などにも症状が現れることがあります。

 

 

 

(2)安静にしているときに起こる

 

ソファやベッドで横になっている時に症状が出るのも大きな特徴です。

 

 

夕食を食べたあとや、少し疲れてソファで休んでいる時など、

リラックスタイムに症状が出てしまうため、ストレスの原因にもなります。

 

 

 

(3)運動すると不快感が軽くなる、または消える

 

安静時に症状が出るのと反対に、軽い運動をすると症状が軽くなることが多いという特徴もあります。

 

 

脚を動かしたり叩いたり、歩いたりすると不快感が軽くなり、

完全に消えてしまうことも。

 

 

 

(4)夕方から夜にかけて悪化する

 

この病気で最も厄介なのが、遅い時間になると症状が悪化する点。

 

 

朝から症状が出るということはなく、早くてもお昼頃から出始め、夕方または夜になると悪化します。

 

 

夜ベッドに入って眠ろうとする時が不快感のピーク、というパターンが一般的です。

 

 

 

 

 

むずむず脚症候群の原因は?

 

実は、医学的にむずむず脚症候群のメカニズムはまだ明らかになっていません。

 

 

現在有力なのは、

 

「ドーパミン神経細胞の機能異常」

「鉄分の欠乏」

「遺伝的要因」

 

という3つの仮説が言われています。

 

 

 

 

 

妊婦さんのむずむず脚症候群

 

 

妊娠すると、むずむず脚症候群を発症しやすくなり、

「妊婦さんの10%以上が発症する」と言われています。

 

 

 

妊娠さんにむずむず脚症候群が起こる原因には、

主に次の3つがあります。

 

 

 

①鉄分の欠乏

胎児はすべての栄養素を母体から摂取するため、

妊婦さんは鉄分が足りない状態(鉄欠乏)になりやすいです。

 

 

鉄分不足はむずむず脚症候群の要因の1つ。

 

 

妊娠中や授乳中は薬の服用が難しいため、食生活を改善することがとても大切です!

 

 

 

②ホルモンバランスの乱れ

詳しいメカニズムは明らかになっていませんが、

妊娠中のホルモンバランスの乱れも、脚の不快感につながると考えられています。

 

 

この場合も、出産によって産後ホルモンバランスが正常になれば解消することがほとんどです。

 

 

 

③お腹の赤ちゃん(胎児)による脊髄の圧迫

お腹の中の赤ちゃんの成長によって腰に負担がかかり、

脊髄が圧迫されることも、むずむず脚症候群の発症につながると考えられています。

 

 

 

 

他にも、むずむず脚症候群のメカニズムとして有力なのは、

ドーパミン神経の機能異常です。

 

 

ドーパミン神経には脊髄と脳をつないでいるものがあり、脊髄が圧迫されることでドーパミン神経の機能が低下して、刺激の伝達がうまくいかなくなるからだと考えられています。

 

 

出産後、腰への負担がなくなることで解消されるケースが多いため、症状がひどくならない限りは極力セルフケアで改善していくのが無難です。

 

 

 

 

 

むずむず脚症候群の改善策やセルフケアは?

 

むずむず脚症候群は、命に関わる病気ではありませんが、

不快感で眠れなくなったり、ストレスがたまったりと、生活の質を著しく下げてしまいます。

 

 

前述の通り、詳しいメカニズムはわかっておらず、

確実に完治させるための治療法は存在しないみたいです。

 

 

それでも、日常生活の工夫やセルフケアによって、症状の改善傾向がみられることも多いです。

 

 

まずは以下のようなところから取り組むことをおすすめします。

 

 

 

食生活を見直す

前述の通り、鉄分不足はむずむず脚症候群の原因となるため、

 

鉄分を豊富に含んだ食生活

 

にシフトすることをオススメします!

 

 

病院に行くと妊婦さんでも鉄剤は処方されますが、

やはり食材から摂取することが最適です!

 

 

 

レバー、卵、きな粉、煮干し、海藻類、魚介類などを積極的に食べましょう。

 

 

特にレバーは含有量が多く、

吸収率も高いため積極的に食べたいですね。

 

 

クサみがあるため苦手な方も多いですが、薬だと思ってがんばりましょう!w

(私もかなり苦手です、、、orz)

 

 

 

 

 

 

また、鉄分の吸収を助けるビタミンCを一緒に摂取すると、より効果が高まるので、フルーツを添えるなどの工夫もしたいところ。

 

 

ビタミンCを豊富に含む食材は、柑橘類、柿、いちご、緑黄色野菜、いも類などがあります。

 

 

 

 

 

適度な運動をする

日中にまったく動かないでいたり、激しすぎる運動をしたりすると、夜になってからむずむず脚症候群の症状が出やすくなることも。

 

 

 

運動は適度がベスト。

 

散歩やウォーキングなどの軽い運動がおすすめです。

 

妊婦さん1人で不安はときはご夫婦で歩いてみるのも良いですね♪

 

 

 

 

脚に軽い刺激を与える

眠る前に脚や足の裏を軽くマッサージやストレッチをすることで、むずむず脚症候群の症状が緩和することがあります。

 

 

 

他にも、シャワーで冷たい水をかけたり、お風呂で温めたりすると症状が軽くなるということもあります。

 

 

 

 

刺激物を避ける、または減らす

妊娠中は避ける方がほとんどだと思いますが、

カフェインやアルコール、ニコチンなどの刺激物は、むずむず脚症候群の症状を悪化させる可能性があります。

 

 

そもそも刺激物は睡眠自体にも悪影響になるため、特に夜は避けるのが賢明です。

 

 

 

 

 

ななほしではどんなことをするの?

 

個人的な見解ですが、

食生活を見直すことはかなり有効

積極的にすすめています。

 

 

妊娠するとママは赤ちゃんのために多くの栄養(エネルギー)が必要になります。

 

 

むずむず脚症候群だけでなく、安産に向かうためにも食生活の見直しや改善を提案しています。

 

 

食の改善は1人ではなかなか難しいので、

支えてくれる環境があるほうがとりくみやすいのではないでしょうか^_^

 

 

もちろん整体による骨格・筋肉・内臓器へのアプローチも1つです。血流改善や循環を向上させることで軽減を目指します。

 

 

 

 

まとめ

 

人によっては、大きなストレスになってしまうむずむず脚症候群。

 

 

特に眠れなくぐらいになってしまうと、日常生活や仕事、子育てにも悪影響となります。

 

 

私が実際に診させていただいてきた妊婦さんでも、

人によって改善する方法や効果の現れ方も異なります。

 

 

食事で良くなる人、足を暖めたら良くなる人もいれば、反対に冷やしたら楽になったという人もいます。

 

 

現在の医学でも原因が特定できないような病気です。

 

 

1つ試してダメだったからといって諦めてしまうのではなく、

自分に合った対処法を見つけましょう。

 

 

 

 

最後に、大切なことは

 

むずむず脚症候群は、軽度ならば日常生活にあまり影響しませんが、人によっては大きな苦痛を伴います。

 

 

イライラすることが増えた」「子育てに余裕がなくなる

 

夕食後に落ち着かない」「寝つきが悪くなった

 

脚を切ってしまいたい」「夜が来るのが怖い

 

 

など、症状がどれくらい不快なのか、それがどれくらい生活に影響しているのかを伝えることで、重症度がわかります。

 

 

 

大切なのは

症状に対して「あなたがどう感じているのか」です。

 

 

 

それによってアドバイスや目標設定、来院頻度、施術計画も変わってきます。

 

 

「こんなこと聞いても(話しても)いいのかな」なんてありませんので、なんでも話してみてください😌

 

 

あなたが快適な妊娠生活や育児生活を過ごすために

寄り添えるサロンでいられるよう整体サロンななほしは全力でサポートいたします✨

 

 

 

 

ご予約やご相談はこちらから⬇️

友だち追加

 

 

 

 

 

【参照】

 

「むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状とは?|快眠のための治療法」

https://news.livedoor.com/article/detail/12622140/

 

「眠れない!むずむず脚症候群。特徴や起こりやすい人、治療法」

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_940.html

 

 

 

本日も、最後まで読んでいただき、

誠にありがとうございました。

 

 

★こども達へ大人になる楽しみを★

★ママの笑顔は、こどもの笑顔★

 

 

 

【☘健康情報や育児に役立つ情報は以下から受けとれます☘】

下記をタップでLINEで直接ご相談24時間OK🙆‍♂️

http://nav.cx/eWJkBKW

 

 

【🌸整体サロンななほし産前産後HP🌸】

https://mamaluxe.jp/members/nanahoshi/

 

 

【エキテンHP🥇ママの喜びの声が多数❗️】

https://www.ekiten.jp/shop_28700646/

 

 

 

 

 

★ぜひ私たちの想いや活動を知ってください★

 

【日本こども未来協会】

「コンセプト」

子どもたちに大人になる楽しみを

 

「ミッション」

子どもたちの未来を

育てる人たちのための歯車になる

 

そのもとに

日本の子どもたちへ

より良い未来を残すために活動中

 

 

【mamaluxe(ママリュクス)】

「 mama : 母 + luxe : 優雅 」の意味があり、言葉通り

ママを優雅にする

という想いが込められています。

 

「ママの笑顔は子どもの笑顔」

 

をモットーとし、

 

「産前産後ケアを当たり前の世の中へ」

 

することをミッションとしています。

 

 

その想いに集まった全国のmamaluxeの認定店が、

産前産後ケアを日本中に広めていくために

日々活動しています。

 

全国のmamaluxe認定店はこちら

 

 

 

整体サロンななほしは産前産後ケアだけではなく、

【子育てを頑張るママを応援する】

整体サロンです。

 

【お子様連れ大歓迎】

保育士による無料の託児つきでママも安心。

 

優雅でリラックスできる

完全プライベートなお時間を提供します。