HOME » 【マタニティ(妊娠中)の腰痛でお悩みの枚方市在住のあなたへ】

【マタニティ(妊娠中)の腰痛でお悩みの枚方市在住のあなたへ】

作成者

『簡単にできる!妊娠中の腰痛の対策』

『妊娠してお腹が大きくなってから今まで痛くなかった腰が痛いです・・・』

『妊娠して赤ちゃんが大きくなるにつれて、腰が痛い』

こういう悩みで来院する女性の多くは

 

「予定日まで体が持つのか」

「家事ができなくなるのではないか」

「腰が痛くて何もやる気が起きない」

 

と言った不安を抱えています。

 

あなたも妊娠したことによって、今までになかった腰の痛みを抱えているのではないでしょうか?

 

親や先輩のママに相談をしても、「みんな経験することだから」と言われて、我慢するしかないんだと諦めているママがほとんどだと思います。

 

 

今回は、

『妊娠中の腰痛の原因と対処法』

についてお話をしていきますので、是非参考にして下さい。

 

 

妊娠中はホルモンの影響で体に負担がかかる

 

『妊娠してお腹が大きくなると、体への負担が大きくなって腰痛になりやすい』

 

というのは何となくイメージ出来ると思います。

もう一つ大きな原因は卵胞ホルモンにあります。

 

卵胞ホルモンの「リラキシン」が原因です。

 

妊娠2〜3ヶ月頃にリラキシンという女性ホルモンが分泌されるのですが、簡単に言うと出産しやすい体に変えていくホルモンです。

 

もう少し詳しく言うと、リラキシンは骨盤の靭帯(骨と骨を繋ぐ組織)を緩ませる役割があります。

 

骨盤の靭帯を緩ませることで、赤ちゃんが産道を通りやすくなり、出産しやすくなります。

 


 

骨盤が緩むと体が支えられなくなる。

 

骨盤は体を支えている働きがあります。

骨盤が緩んでしまうと体を支えられなくなってしまいます。

 

妊娠してお腹が大きくなっていることも重なって更に負担が大きくなり、腰痛などの今までになかった痛みが出てしまいます。


筋力が弱いと腰痛になりやすい

 

まだお腹の赤ちゃんが大きくない、妊娠初期に腰痛になる人もいれば、

お腹が大きくなる妊娠後期に腰痛になる人もいます。

 

普段から運動をしている習慣がありって筋力が強いと、骨盤が緩んでも筋力が体を支えてくれるので腰痛になりにくくなります。

 

そうならない為に、普段の生活から運動不足にならないように、少しの距離は歩く・エスカレータではなく階段を使うなどして運動をする習慣をつけることは大事になります。

 

 


妊娠中期〜後期になると様々な痛みが。。。

 

この時期になると、お腹が大きくなり負担が大きくなって色んな痛みが出てきます。

 

●股関節 ●お尻 ●恥骨 ●尾てい骨 ●膝 など人により様々です。

 

 


赤ちゃんが成長するにつれて・・・

 

お腹の赤ちゃんが成長するのはとても嬉しいことですよね。

 

同時に

お腹(子宮)が大きくなることで、

骨盤が前にお辞儀するように倒れてしまいます。

骨盤が前に倒れることで〝反り腰〟になってしまい腰への負担が更に大きくなります。

 

負担が大きいままで、生活をしていくと腰への負担が蓄積されていき痛みが発生してしまうことが多いです。

 

 


ひどくなると腰痛以外の原因にも

 

骨盤が緩んで体への負担が大きくなると、腰痛や痛み以外の原因になってしまいます。

 

●肩こり・首こり

●頭痛・吐き気

●つわり

●難産

●尿漏れ

 

などの症状を訴える人も多くなります。

 

妊婦さんを施術していくと、体が楽になっていくポイントがいくつかありますので次で紹介していきます。

 

 


整える所は骨盤だけではない

 

 

呼吸の調整・血液循環を良くする事も必要

 

当院に通院している妊婦さんは骨盤のバランスが崩れているのはもちろんですが、呼吸が浅く・血液の循環が悪い妊婦さんがほとんどです。

 

骨盤を整えることはもちろんですが、呼吸の調整・血液循環をよくすることで筋肉や各臓器の働きを良くして、腰痛や体の不調を良い方向に導きます。

 

その対策は

 

骨盤の歪みを整える

    ⇩

呼吸を調整する

    ⇩

血液の循環が良くなる

 

その結果、腰痛・股関節の痛み、その他の症状の改善にもつながります。

 


 

簡単にできる3つの対処方法

①座り方に注意する

 

床に座ることが多い妊婦さんは注意が必要です。

特にお姉さん座り(横座り)をすると骨盤のバランスが悪くなり腰や体の負担が大きくなります。

出来るだけ椅子やソファに座るようにして、足を組まないように心がけて下さい。

座り方を気をつけることで、体や腰への負担が軽減されます。

 

 

②こまめに水分をとる

 

体の水分が少なくなると血液がドロドロになってしまい血流が悪くなります。

血流が悪くなってしまうと、筋肉が硬くなり各臓器の働きも悪くなります。

そうなることで、腰痛などの体の痛み・難産の原因などになってしまいます。

 

1日に飲む水分の量は、1リットルを目安に飲んでください。

普段全く飲む習慣がない方は、まずは500mlを飲むようにして下さい。

 

飲む物は、お水がオススメです。

体へ吸収率が一番良いです。

お水が苦手な方はノンフェインのお茶がオススメです。

 

 

 

③反り腰予防の簡単エクササイズ

 

先ほどお伝えした通り、お腹(子宮)が大きくなると骨盤がお辞儀するように前に倒れてしまいまって〝反り腰〟になります。

反り腰になると体を支えられなくなり腰痛の原因になります。

文章で伝えるのが難しいので詳しくは動画をご覧ください。

 

★こちらをタップすると動画がご覧になれます。

 


 

 

終わりに

 

妊娠中の腰痛にお悩みの妊婦さんは今回の内容を是非参考にして下さい。

 

妊娠中の腰痛・体の辛さは我慢しないで下さい。

 

正しい生活習慣・正しい体の使い方・正しい対処をすることでお悩みは楽になります。

 

体が楽になり元気になることで、お腹の赤ちゃんの発育にいい影響を与え、安心して安産で出産に臨むことが出来るようになります。

 

 

当院の施術者は産前産後のママを専門にみてる国家資格保持者です。

なんでもお気軽に相談下さい!


 

 

施術者の紹介

[院長]   青山 一也

[国家資格] 柔道整復師 鍼灸師

[施術歴]  14年以上

[趣味] お寺・神社巡り 料理 スタバに行く

 



全国にプロの治療家に向けて セミナーをしています


初めての方へ

妊娠中の身体のトラブルで悩んでいる方を一人でも救いたいと思っています。

そんなあなたの為に初回限定の価格を用意しました。

 

マタニティ整体 

1回7800円

   ⇩ 

初回限定価格

1回2980円 

 

にさせて頂きます。

 

※現在大変予約が埋まっている為、月に10名様とさせて頂いております。

 


予約方法

※予約はLINE もしくは 電話でお願いします。

 

●予約の際に『ブログを見ました』とお伝え下さい。

①LINE@で予約

②電話で予約

 

 

 


アクセス方法

 

⇧タップするとGoogleマップが表示されます。


 

 

産前産後ケア専門ママミニョン

〒610-0331京都府京田辺市田辺十曽2 フォレストキタゲン202

●JR京田辺駅 近鉄新田辺駅 徒歩5分

●院前に駐車場あり(無料)

●アルプラザ京田辺店すぐ

●枚方市・城陽市・木津川市・八幡市・宇治市などからお越し頂いております。