mamaluxe > 近畿 > 兵庫県 > はる鍼灸整骨院(Vi Sante)

マタニティ整体・産後骨盤矯正専門のはる鍼灸整骨院【Vi sante】尼崎市武庫之荘

メニュー

恥ずかしいからできないなんて言いません。

作成者

尼崎市マタニティ(妊婦)整体・産後骨盤矯正専門

はる鍼灸整骨院【Vi sante】代表 成山晴香です。

 

本日もブログへお越しいただきありがとうございます。

 

私には、目に入れたらきっと痛い(笑)甥っ子3人と姪っ子1人がいます。

 

上から小学2年男児、幼稚園年中男児、2歳8ヶ月男児、10ヶ月のお姫様です。

 

私には4人共が宝物で、愛おしくてたまらないです。

 

近くにいる上の甥っ子は学校が終わって習い事がない時はほとんど公園にいます。

 

ですので、ママも下二人連れて公園にいる事が多く、

 

用事がある時の待ち合わせ場所は公園が多いです。

 

で、用事が終われば私も早く帰ればいいのですが、

 

子供たちが走り回ったり、ボール遊びをしていると

 

ついつい参加してしまい、子供相手に本気出します。

 

 

先日はドッジボールに割り込み参加しました。

 

きっと周りにいる子供、ママたちは、

 

「なんや、この人!!」と思っているでしょうね。笑

 

でも、私は大人だからといって、かっこつけたりしない。

 

子供と同じ目線で同じように遊ぶ。

 

 

また、ある時には東京にいる甥っ子からテレビ電話で、

 

甥っ子がこんな事できるようになった、あんな事できるようになった、と

 

スマホ越しに見せてくれます。

 

すると、私にも「ちょんちょんもやってみてー」って言われます。

 

あっ、「ちょんちょん」っていうのは私です。笑

 

オバちゃんとは呼ばせていません。

 

 

 

そうなんです。

 

電話越しにでんぐり返ししてって言われました。

 

私にいつも迷いはありません。

 

携帯を壁に立てかけて

 

「ちょっと待っときよー、いくで〜」と言いながら

 

すぐやります。

 

アラフォーですよ。笑

 

変態ですよね。

 

でもね、私はこの子たちが大人になった時に、

 

ちょんちょんはこんな風に一緒になって遊んでくれたって、思ってくれたらいいなって。

 

もちろん体力的には子供の時のようにはいかないですが、

 

恥ずかしいからできないっていうのは避けて生きていきたい。

 

私をちょんちょんと呼ばせている件ですが、

 

オバちゃんと呼ばれたくなかったんです。笑

 

叔母にあたりますが、そう言われるとどんどん老けていくような・・・

 

この呼び方でも、色々あったんですよ、実は。

 

はるか叔母ちゃんって呼びなさいって、おじいちゃんから言われている時もありました。

 

でも、呼び方で何が変わるん?なんですよ。

 

私も吐き気がするほど嫌だったし、第一大人と子供という壁をすごい感じる。

 

子供たちも慣れてないから、すぐちょんちょんって言う。

 

それでいいやんって。

 

少し大きくなってパパとママにとって私がどういう存在なのか、わかればそれでいいんですよ。

 

叔母には変わりはないし、それよりもあの子たちにとって自慢の叔母でいたいなーって思います。

 

今日はこの辺で終わります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

はる鍼灸整骨院ホームページ

https://mamaluxe.jp/members/hal/

 

 

はる鍼灸整骨院【Vi santeLINE@

登録はこちらから

↓ ↓ ↓

友達追加

 

 

 

 

【mamaluxe (ママリュクス)】

mama:母+luxe:優雅の言葉通り

ママを優雅にする

という想いが込められています。

また

「ママの笑顔は子どもの笑顔」

をモットーとし、

「産前産後ケアを当たり前の世の中へ」

することをミッションとしています。

その想いに集まった全国のmamaluxeの店舗が、

産前産後ケアを日本中に広めていくために

日々活動しています。

☆全国のmamaluxe認定店はこちらから☆

−ぜひ私たちの想いや活動を知ってください−

【日本こども未来協会】

「コンセプト」

子どもたちに大人になる楽しみを

「ミッション」

子どもたちの未来を

育てる人たちのための歯車になる

そのもとに

日本の子どもたちへ

より良い未来を残すために活動中

 

ママリュクス全国版

https://mamaluxe.jp