HOME » 妊娠中・出産後の便秘の原因は?解消法は?

妊娠中・出産後の便秘の原因は?解消法は?

作成者

妊娠中や出産後の女性のお悩みで多い便秘。

これを読んで頂くと、便秘の原因・便秘の解消法・薬の服用の仕方がわかりますので、

是非参考にしてください。

 

京都府京田辺市のマタニティ(妊婦)・産後骨盤矯正専門 ママミニョン

 

妊娠中や出産後になぜ便秘になるの?

妊娠すると、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、子宮が大きくなり、子宮の周りにある腸が圧迫されてしまいます。

 

そうなると、腸の大きさが狭くなって、便が硬くなってしまい便秘が起こってしまいます。

頻尿になってしまうのも、同じメカニズムで、膀胱を圧迫してしまうのが原因です。

 

 

その他の原因は?

ホルモンの影響・生活習慣の変化・過度なストレスが考えられます。

 

妊娠すると、“プロゲステロン”と呼ばれる黄体ホルモンの分泌量が増えます。

このホルモンは胎盤の形成や胎児の成長など、妊娠を継続するための重要なホルモンですが、

 

一方で胃腸の筋肉を緩めて消化器官の運動を低下させるため、便秘を引き起こしがちだと言われています。また、子宮が大きくなって腸を圧迫したり、羊水を溜め込もうとして腸内の水分が減ったりすることも一因でしょう。

 

腸の働きは自律神経がコントロールしているため、ホルモンの影響やストレスによって自律神経のバランスが乱れると腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まり便が出にくくなることがあります。

 

 

 

妊娠中・授乳中に薬は飲んで大丈夫?

 

妊娠初期は避けた方がいいと言われることもありますが、まずはかかりつけの医師に相談をして下さい。

 

便秘薬に限ったことではありませんが、妊娠と薬に関する相談を受け付ける専門外来も増えているので、利用するのもよいでしょう。

大切なのは、自己判断をしないこと。状況によっては服用してよい薬もあるので、「妊娠中・授乳中は薬を飲んじゃダメ」と思い込んでガマンするのは避け、体調悪化やストレスの原因をつくらないようにしてください。

 

 

妊娠中にトイレの時いきんで大丈夫?

 

確かに不安になりますが、トイレでいきんだからといってすぐに何か起こることはないはず。

ただ、妊娠後期にいきみすぎると、子宮を圧迫してしまい、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすので、いきみすぎには注意をして下さいね。

 

 

 

ひどくなると難産の原因に。

便秘がひどくなると、逆に腸が子宮を圧迫してしまい、お腹の赤ちゃんの発育や子宮の状態が悪くなってしまいます。

 

子宮の状態が悪くなって、赤ちゃんの居心地が悪くなると、出産に時間がかかったり、早期産の原因になったり、逆子の原因になってしまいます。

 

そうなってしまうと、あなたの体にも負担がかかってしまいます早めにかかりつけのクリニックに相談するなど、早めに対処して下さいね。

 

 

 

便秘の解消法

 

 

①生活リズムを整える

起きる時間、寝る時間がバラバラだと自律神経のバランスが悪くなり、便秘の原因になってしまいます。

子育て中のママは子どもの夜中起きてしまったりして、なかなか難しいとは思いますが、布団に入る時間と起きる時間をある程度同じにするだけでも効果的です。

 

トイレに行く時間を同じにするのも効果的なので是非試してみてください。

 

②食事のバランスを良くする

便秘の時の食事といえば、ゴボウなどに含まれる、食物繊維が浮かびますよね。

もちろん食物繊維は大事なのですが、摂りすぎには注意してください。

 

食物繊維を食べた分だけ、体の水分を持っていかれてしまいます。

 

便秘にいいからと言って、一つの物を食べるよりバランスの良い食事をこころがけて下さいね。

 

③水分を摂る

水分が不足すると、腸の働きが悪くなり、便が硬くなってしまって便秘の原因になります。

授乳中に方は特におっぱいで水分が必要になります。

 

水分補給に一番いいのは水です。

 

緑茶などのカフェインが入っているお茶やコーヒー・紅茶は利尿作用で水分を体から排出する作用がありますので、ノンカフェインの物を選んでくださいね。

 

飲む量は1.5~2リットル以下なら大丈夫ですので無理のない程度に、今まで全く水分を摂らない方は、まずは500mlくらいから始めて下さい。

 

④適度な運動をする。

妊娠中・出産後に過度な運動は禁物ですが、

やはり一番いいのはウォーキングです。

 

ウォーキングをすると全身運動になって、呼吸もしっかりして体に酸素がたくさん入ることで腸や子宮にもいい影響があります。

外に出る事で気分転換にもなるので一石二鳥ですよね。

 

⑤整体(骨盤ケア)をうける

骨盤が歪んでしまうと、内臓が本来ある位置から違う位置に移動してしまい、内臓の機能が悪くなってしまいます。

 

骨盤を整えることで内臓の働きが活性化し、

妊娠中の方は赤ちゃんの発育がよくなり・安産で出産でき

出産後の方は元気に子育てが出来るようになります。

 


 

妊娠中・出産後の便秘・体のトラブルは専門の当院にご相談して下さい。

 

 

質問などはLINEにてメッセージをお願いします。必ず返信致します。

友だち追加

 

ママリュクスのLINE@ができました