HOME » フランス式産後骨盤ケアについて

フランス式産後骨盤ケアについて

作成者

フランス式産後骨盤ケア

 

お子さまのためにも健康でキレイなママに

赤ちゃんが産まれると、産後ママは自分の事は後回しで

赤ちゃんのお世話に必死になります。

 

しかし、

産後の身体は想像以上にダメージを受けています

 

 

また産後はホルモンバランスが激変するため、

急激な身体の変化に戸惑います。

 

これから始まる長い子育て生活に備えて

まずは身体を整え、整えたカラダをキープさせていく事が

大切です。

 

お子さまが健やかに育つためにも

ママが心身ともに元気でいてほしい

 

ママの笑顔は子どもの笑顔

 

 

 

*産後骨盤矯正を開始するタイミング

 

産後1ヶ月〜1年ぐらいまでは骨盤を整えやすい期間です。

この時期の矯正をおすすめします。

 

産後1年以上経ったママさんでも

身体の変化や効果は期待できますので、

「もう遅いから・・・」と諦めずに

ご相談ください。

 

※1ヶ月検診で異常がなく、

傷痕の痛みがない場合は産後1ヶ月から施術いたします。

出産後約1ヶ間は骨盤を休ませる時期が必要となります。

自然分娩であっても帝王切開であっても、

出産時の問題のあるなしに関わらず、

産後骨盤矯正はする必要があります。

 

 

*産後整体(骨盤調整+肋骨調整+内臓調整)

 

・骨盤の歪みを整え、

開いてしまった骨盤を閉めていきます。

(土台がしっかりすることで、腰痛肩こりなどのトラブル解消に繋がる)

 

 

・妊娠中は骨盤が開くだけではなく、

肋骨も開くので肋骨の調整を行います。

(くびれラインを出して、内臓が上がることでぽっこりお腹の解消になります)

 

 

・内臓が下垂するので

内臓をあげるように調整します。

(ぽっこりお腹の解消と下半身の血流を促し下半身太りの原因を取ります)

 

 

〈重心を整えます〉

 

 

妊娠中はお腹が大きくなり、重心が前方に移動します。

 

骨盤が前傾し、上半身を後方に反らした

『反り腰』の姿勢になります。

 

猫背になり、太ももの全面の力を使い

バランスをとります。

 

 

重心を元に戻さないと、

下半身太りや猫背による肩こり腰痛腱鞘炎などの原因となりますので、

重心のバランスが大事だと捉えています。

 

 

 

*産後のカラダはどうなっているの?

①骨盤が緩み、広がった状態に!

妊娠すると女性ホルモン(リラキシン)の分泌が盛んになります。

 

赤ちゃんがスムーズに産道を通れるよう、

妊娠から出産までの10ヶ月間で、

時間をかけてゆっくり骨盤は開きます。

 

そして、出産時には骨盤全体が大きく広がった状態になります。

 

 

②妊娠・出産による身体の変化が歪みの原因に!

開いた骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、

出産後、休む間もなく始まる育児(授乳・抱っこ・沐浴など)での

無理な姿勢・疲労は骨盤が歪む原因となります。

 

体のバランスが崩れていると正常な位置に戻りづらく、

開いたまま固まってしまう可能性もあります。

 

多くの方が気にされている『体型の変化』も骨盤の歪みが原因となります。

 

 

③骨盤を整え代謝のよい身体に!

骨盤が広がっていると、内臓が下がり

『内臓下垂』となります。

 

下垂した内臓は骨盤内の子宮や卵巣などを圧迫し、

ホルモンバランスに影響が出る可能性があります。

 

また、

骨盤底筋群の緩みは恥骨痛尿もれの原因となり、

今後の更年期障害に影響を及ぼす事もあります。

 

内臓が正常な位置で機能する事で

栄養素の吸収や代謝がよくなります。

 

冷え・浮腫み・便秘などの体調不良も

改善されていきます。

 

 

 

*産後ケアを受けるメリット

 

 

産後ケアを受けることで、今ある不調や症状を取り除き、

より良い育児や産後ライフに繋がります。

 

また、出産により変化したボディラインをキレイにする事ができます。

 

尿もれなどのトラブルや今後の人生の中で必ず訪れる

更年期での関節の変形をはじめとするトラブルの予防にも繋がります。

 

今後は

キレイに整えたお身体をキープさせていく事が大切です

 

 

キレイでいるために大切なこと

 

*ペリネケア(骨盤底筋群トレーニング)

 

骨盤底筋とは、骨盤の底にあり

子宮・膀胱・直腸などの臓器を

ハンモックのように下から支える重要な筋肉です。

 

妊娠中のお腹(胎児・子宮・胎盤・羊水)の重みや

出産により緩んでしまった骨盤底筋を鍛えていきます。

 

この筋肉の機能が低下すると

産後の尿もれ子宮脱の原因になります。

 

更年期や尿もれや子宮脱などのマイナートラブルの

予防としても重要と考えています。

 

 

骨盤の歪みを正して「くびれ」「美尻」「美脚」といった

美しいボディラインを作り上げるためには

ペリネ(骨盤底筋)を鍛える事が欠かせないのです。

 

ペリネとはフランス語で骨盤の総称を言います。

 

骨盤は骨だけでなく、骨盤底筋という

インナーマッスルと共に構成されています。

 

“はる鍼灸整骨院【 Vi sante】”では骨盤矯正はもちろんですが

ペリネのリハビリも大切だと捉えております。

 

ペリネのケアを行うことで、落ちていた内臓が引き上げられ

お腹や下半身の代謝が良くなり

くびれや美尻、美脚を再現する事ができるのです。

 

矯正とペリネケアを同時に行っていくことで、

整えた骨盤をキープして美しい身体を作り続ける事ができるのです。

 

 

フランスでは、産後ケアは当たり前に行われています。

フランス人女性のように

ママであっても一人の女性として輝き続けていきましょう!

 

 

はる鍼灸整骨院ホームページ

https://mamaluxe.jp/members/hal/

 

 

はる鍼灸整骨院【Vi santeLINE@登録はこちらから

↓ ↓ ↓

友達追加

 

 

 

 

【mamaluxe (ママリュクス)】

mama:母+luxe:優雅の言葉通り

ママを優雅にする

という想いが込められています。

また

「ママの笑顔は子どもの笑顔」

をモットーとし、

「産前産後ケアを当たり前の世の中へ」

することをミッションとしています。

その想いに集まった全国のmamaluxeの店舗が、

産前産後ケアを日本中に広めていくために

日々活動しています。

☆全国のmamaluxe認定店はこちらから☆

−ぜひ私たちの想いや活動を知ってください−

【日本こども未来協会】

「コンセプト」

子どもたちに大人になる楽しみを

「ミッション」

子どもたちの未来を

育てる人たちのための歯車になる

そのもとに

日本の子どもたちへ

より良い未来を残すために活動中

 

ママリュクス全国版

https://mamaluxe.jp