HOME » 愛ある家庭

愛ある家庭

作成者

尼崎市マタニティ整体・産後骨盤矯正専門

はる鍼灸整骨院【Vi sante】の成山晴香です。

 

本日もブログへお越しいただきありがとうございます。

 

今更なんですが、自己紹介します。笑

 

成山晴香

尼崎市武庫之荘で1980年9月1日に生まれて

現在38歳のアラフォーです。

学年で2つ下の弟と、6つ下の妹がいます。

両親は二人とも還暦を過ぎていますが、現在もラブラブです。笑

 

私は本当に愛のある家庭で育ったと思う。

でも、何か特別な事をしてもらったからとかそういう理由ではない。

私の思う『愛ある家庭』って、

両親がお互いを一番に思いやっているということかな?

 

私の両親は喧嘩をほとんどした事がない。(知らないだけかもしれないが・・・)

記憶のある中では3回ぐらい。

 

その喧嘩の原因もきっと私たち兄弟の事ではない。

 

子どもの時は、お父さんが家でご飯食べる時は、お父さん好みのご飯。

お父さんが外へ出ている時は、結構適当なご飯だったと思う。

子どもはその結構適当なご飯の方が嬉しかったりする。笑

 

いつでもお母さんはお父さんが一番で、お父さんはお母さんが一番だった。

それは孫ができようが、今でも変わらない。

 

私が鍼灸の国家試験の日に旅行に行くって言った時は、さすがに私も怒ってしまった。笑

キャンセルしてくれた。

「なんちゅう親や。ごめんな。」って。

でも、よくよく考えると、私が国家試験であろうが、親には関係のない事。

受けるのは私であって、親が旅行に行ってるからって何も変わらない。

 

何が言いたいかって、

子どもは自分の両親が仲良くしてくれているのが

一番嬉しい。

その姿を見ているだけで幸せである。

 

絶対にやめてほしいのは、子どもに愚痴を言うこと。

そんな仲良い両親ですが、お互い?

特にお母さんは、

たまにお父さんに対する愚痴を言ってくる。

でも、それは大人になった今だから。

 

子どもの時にパパに対する不満や文句は

子どもには言わないでほしい。

パパに対する愚痴や不満があるなら、私に言ってください。

子どもはママもパパも大好きなんです。

でも、そのどちらかがどちらかの悪口を聞くのはとても辛い。

だから、愚痴や不満は全て私にぶつけてくださいね。

 

今日はこの辺で終わっていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【mamaluxe (ママリュクス)】

mama:母+luxe:優雅の言葉通り

ママを優雅にする

という想いが込められています。

また

「ママの笑顔は子どもの笑顔」

をモットーとし、

「産前産後ケアを当たり前の世の中へ」

することをミッションとしています。

その想いに集まった全国のmamaluxeの店舗が、

産前産後ケアを日本中に広めていくために

日々活動しています。

☆全国のmamaluxe認定店はこちらから☆

−ぜひ私たちの想いや活動を知ってください−

【日本こども未来協会】

「コンセプト」

子どもたちに大人になる楽しみを

「ミッション」

子どもたちの未来を

育てる人たちのための歯車になる

そのもとに

日本の子どもたちへ

より良い未来を残すために活動中

はる鍼灸整骨院ホームページ

https://mamaluxe.jp/members/hal/

はる鍼灸整骨院【Vi santeLINE@登録はこちらから

友だち追加

 

ママリュクス全国版

https://mamaluxe.jp