HOME » 9月17日~お産の振り返り会~レポート

9月17日~お産の振り返り会~レポート

作成者

こんにちは。

本日もブログにお越し下さりありがとうございます。

【日本子ども未来協会】所属。

【mamaluxeママリュクス認定店】

堺市東区のマタニティ・産後ケア専門治療院

託児無料、大阪狭山市・和泉市周辺地域に出張OK

ママの心の支えになりたいセラピスト

和やわらの村尾まさみです。

本日もブログにお越し下さりありがとうございます。

 

 

9月17日~お産の振り返り会~レポート

 

 

 

 

祝日にもかかわらず3組のママ&ベビーが参加して下さいました(*^▽^*)

 

 

自分のお産を振り返ると言っても、何をどんな風に話せばいいのか分からないですよね~。

 

なのでまずは私からお話しさせていただきました。

 

 

【村尾】

長女の時のお産の話です。

 

陣痛が10分間隔になったのは夜でした。まずは病院に電話。

 

『余裕がありそうやからもう少し痛みが強くなるまで待ってみて。

寝れるようならねといてね。』

 

と助産師さんがおっしゃるので様子を見ながらウトウト・・・

 

そして病院に行ったのは翌朝の6時頃。かなり微弱陣痛で余裕がありました。

 

 

お昼頃、少し陣痛がきつくなってきたら

 

結構熱いお湯のはられたフットバスが登場(*_*;

 

そして院内を歩き回る~などしているうちに主人が病院に到着。

 

それから一気に陣痛が強くなり、『もう産まれそう!!』となった時には

 

なんと( ゚Д゚)

 

私より後に病院に来たママさんが分娩室に入って行ったんです。

 

そこで助産師さんから主人に手渡されたのがテニスボール(?_?)

 

『奥さんがいきみたくなったらこれでお尻の穴押さえといて』と。

 

それから何回か山を越して、ようやく分娩室へ( ;∀;)

 

妊娠中におまたの皮膚を柔らかくしておかなかったので最後は会陰切開をして、

最初に陣痛を感じてからかれこれ21時間後にようやく生まれました!!

 

と思ったら後に待っているママさんがいるのですぐに分娩台から降りないといけなくて、

 

ガクガク震える足で分娩台から自力で降りて再び陣痛室でしばらく休むという。

 

なかなかのドタバタ劇でした笑

 

 

 

という感じでそれぞれお話ししていただいたのですが、出産というのはそれぞれのドラマがありますね~。

 

 

病院に行く時誰と行ったか、誰がそばにいてくれたか、分娩室に入るまでの状況、分娩室での出来事、、、

 

 

同じ状況がまぁない事!!

 

 

いや~、楽しかったです(^^♪私が一番楽しんでいたかもしれませんね。

 

 

 

 

皆さんはご自身の出産を誰かに改めて話してみたことはありますか?

 

 

赤ちゃんと会えた喜びを再び思い出したり、なんか面白くなっちゃったり、

思いがけず涙してしまったりと話しながら色んな感情が湧き上がってくると思います。

 

そんな悲喜こもごものお話を良かったら聞かせてくださいませんか?

 

 

喜びはもう一度味わって、悲しみはここで出し切って一歩前へすすめたらいいですね。

 

 

この場では色んな感情を出してもらえる安全な場所です。

 

 

お産の振り返り会、またやりたいと思います。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

マタニティ期・産後の心と身体のおなやみがある方はご連絡ください。

 

 

 

 

和やわらのホームページはこちら

〒599-8127
大阪府堺市東区草尾354-1
 
ヒヨコ072-237-0818
 
ヒヨコcunweiyashi@gmail.com
 
ヒヨコLINE@でお問い合わせ、予約可能です。
                xgf0081l(←Lの小文字)

友だち追加

ママの笑顔は子供の笑顔】

全国のmamaluxeママリュクスはこちら⇩

【日本の子供たちに大人になる楽しみを】