mamaluxe > 関東 > 神奈川県 > 和(なぎ)整体院

産後骨盤矯正・マタニティ専門 和(なぎ)整体院 横浜 桜木町 子連れ

メニュー

産後骨盤ケア

産後の骨盤は調整する最大のチャンス!!

妊娠すると女性ホルモンであるリラキシンの分泌が盛んになります。このホルモンのお陰で骨盤周囲が緩くなり、ママさんの身体は、出産に向けてゆっくりと産道が広がっていきます。その広がった状態が、出産してからもしばらくは続いているので、広がった周囲の筋肉や関節に負荷をかけてしまっているのです。

出産後6カ月程度で骨盤が閉じます。それまでの緩んでいる期間が骨盤を調整するのに最適な時期です。       

生活の変化で身体のゆがみが悪化

妊娠・出産してから、めまぐるしい生活が始まります。毎日授乳・抱っこ・沐浴などで辛い姿勢ばかり。熟睡できることはなく疲労は溜まる一方です。

それは身体のゆがみを悪化させる原因です。身体がゆがんでいたり疲労が溜まると、開いた骨盤がそのままで固まってしまうことが多いのです。

内臓下垂にかかわる骨盤と骨盤底筋

骨盤が広がってると、骨盤を支えている内臓が下がることで「内臓下垂」の状態になります。下がった内臓は、子宮や卵巣を刺激圧迫してホルモンバランスに悪影響を与えることが考えられます。また同時に骨盤底筋という筋肉が緩んでしまい、尿をコントロールできずに尿漏れや子宮脱の原因になります。骨盤を閉じるだけでなく、内臓の調整も必要になります。

産後の腰痛

出産後のママさんに最も多いのが腰痛。特に産前に腰痛があった人は、悪化してしまうことが多いです。妊娠でお腹が大きくなると、身体のバランスを保つ為に、上半身を反らした「反り腰」をするようになり、結果骨盤がドンドンと前傾してきます。この妊娠期間中に習慣となった反り腰姿勢が癖になってしまうと、出産してからもも反り腰を維持してしまう方が多く、骨盤の歪みが悪化。腰の痛みが起こります。さらに背中で重心を保つようにバランスをとり、猫背になり気味です。

また骨盤の広がった状態が周囲の筋肉に負荷をかけて緊張させることも、腰痛悪化の一因です。産後の骨盤矯正で、骨盤を閉じてゆがみを整えることが、何より重要になります。

 

産後の身体に特化した骨盤の調整が必要

産後のお身体は非常にデリケートな状態ですのでバキバキ整体は負担が大きすぎます。一般の方のマッサージや調整とも異なり、産後のお身体に合わせた調整が必要です。mamaluxe式の骨盤矯正は非常にソフトな整体ですので安心して受けていただくことができます。またマニュアル化された施術でなく、ママさんの症状に合わせてその方に合った施術をしていきます。