mamaluxe > 中国 > 広島県 > soin (ソワン)body conditioning

広島市 産前・産後・女性のための骨盤ケア専門サロン Soin(ソワン) 広島市 安佐南区

メニュー

産後の手首の痛み(腱鞘炎)

産後の手首の腱鞘炎

ママは、産後に赤ちゃんの頭を抱えてミルクを飲ませたり、長時間抱っこをしたり・・・」

毎日毎日赤ちゃんのお世話で大変ですよね💦

 

育児の開始とともに、ママのお悩みの1つが手首や指の腱鞘炎です。

 

腱鞘炎の痛みがある状態での育児は本当に辛いです。。。

 

育児中のママが腱鞘炎になる原因とその予防方法をお伝えしますね。  

 

産後のママはなぜ腱鞘炎になりやすいの?

今まで腱鞘炎になったことのない方でも、産後に腱鞘炎になってしまうケースがとても多いのが現状。

特に、はじめてのお子さんをお持ちのママさんは特に腱鞘炎になる可能性はより高い傾向にあります。

 

主な理由は2つあります。

 

赤ちゃんのお世話で、手首や指を「使い過ぎ」てしまう

          

育児中は手首を長時間使う動作を毎日繰り返します。

 

★頭を抱えながらミルクをあげる

★沐浴の際に、頭を抱える

★抱っこする

 

利き手と逆の手(右利きの場合は左手)で頭を抱えることが多いので、右利きの人は左手首を、左利きの人は右手首が腱鞘炎になりやすくなります。

                

 

産後の女性ホルモンバランスの変化

 

産後は女性ホルモンの分泌が大きく減少します。

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには炎症による腫れなどを改善する作用があり

腱鞘炎の発症を抑制していると考えられています。

 

そのため、エストロゲンの分泌が減少する産後は、腱鞘炎を発症するリスクが高い時期だといえます。

            

抱っこの仕方を工夫して腱鞘炎を予防しよう

 

抱っこの仕方はいくつかありますが、腱鞘炎を防ぐためのポイントは1つだけです。

それは「手首を返さない」ことです。

 

大切なものを抱える時、自然と感覚が一番するどい手の平を使おうとしますが、 これを繰り返して行っていると腱鞘炎になりやすくなってしまいます。

 

手の平を使わなくても、安定して抱っこをする方法があるので試してみてくださいね。

腱鞘炎を予防するための抱え方がわかると痛みの軽減につながります。

 

 

広島市  安佐南区 産後骨盤矯正

 

1つめは横抱きの方法。

左側が手首への負担が少ない横抱きのやり方です。右側のイラストが腱鞘炎になりやすい横抱きのやり方です。

手首を返さず、両手をつなげて抱っこをします。こうすれば安定感は十分ですし、手首にも負担がかかりません。

 

 

広島市  安佐南区 産後骨盤矯正

2つめが縦抱きの方法です。こちらも左側が手首への負担が少なく、右側が腱鞘炎になりやすい縦抱きのやり方です。

手首は返さず、肘から手首までを使って赤ちゃんのおしりの部分を支えます。こうすれば手首への負担はなく、安定感も十分です。

腱鞘炎を発症しているママさんにはもちろん、まだ腱鞘炎になっていないママさんにもおすすめです。               

 

 

自分でできる対処法

腱鞘炎は関節を動かしすぎることにより起こります。

 

熱をもっているときは、炎症部分を保冷剤などを利用してアイシングしてあげることもいいです。

 

痛みのない範囲でストレッチをするのもおススメです。

 

まずは手首に負担がかからない抱っこ姿勢などを気をつけることから初めてみてください。

 

それでも分からない方はsoinにご相談くださいね😊

 

 

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆ 〜☆〜☆

 

⭐️産前産後.女性のための骨盤ケア専門サロン⭐️

 

soin(ソワン)body conditioning

 

 

 

 

★予約・お問い合わせ★

公式LINEより承ります💕

 

お問合せ・ご予約はLINEが便利。

 

忙しいママのため24時間いつでも対応できます♡

 

友達追加ボタンからご登録くださいね。

 

 

↑ ホームページに戻る         https://mamaluxe.js/soin/p/member