HOME » 妊娠中の腰痛改善方法とは?〜前編〜

妊娠中の腰痛改善方法とは?〜前編〜

作成者

妊娠中の腰痛改善〜前編〜

妊娠中の腰痛の起こる原因知ってますか?

妊娠中の腰痛は、出産に備えて緩んだ骨盤を腰まわりの筋肉が支えようとすることによって起こります。

また、お腹が大きくなるに連れて姿勢が変化することも、腰痛を悪化させる要因です。さらに、赤ちゃんが成長するにつれてお腹が重くなってくると、骨盤や腰への負担はどんどん大きくなっていきます。

そこで活用したいのが、骨盤ベルトです。

2回に分けて骨盤ベルトについてご紹介していきます。

今回は、どんな効果があるのか、2回目はつけるべき時期、注意点などをご紹介していきます。

骨盤ベルトの効果を知っていますか?

骨盤ベルトをつけて緩んだ骨盤を安定させると、こんな効果が期待できます。

① 腰痛の予防改善

骨盤ベルトで骨盤を支えると、腰まわりの筋肉への負荷が軽くなります。

その結果、腰痛の予防改善効果が期待できます。

 

②恥骨痛の予防改善

妊娠中に足の付け根に違和感や痛みを覚えるママは多いのではないでしょうか。

この原因も、骨盤の緩みにあります。骨盤ベルトは、こういった「恥骨痛」の予防改善にも役立ちます。

 

③産後太りの防止

骨盤ベルトは、産後の体型崩れの防止にも効果を発揮するといわれています。

出産後、緩んだ骨盤は半年程度かけて徐々に閉じていきます。

しかし、一度大きく開いた骨盤が自然に元の位置に戻るのは難しく、放っておくと歪みやズレが生じたままの状態になってしまいます。

歪みやズレは下半身太りや体型崩れの原因になるので注意したいポイント。

出産後も骨盤ベルトをつけて矯正サポートをすることで、骨盤が元の位置にスムーズに戻りやすくなります。

次回は骨盤ベルトをつけるべき時期、注意点などを紹介していきます。