HOME » 妊娠中や産後の尿漏れに関係する骨盤底筋を上手に使うには?

妊娠中や産後の尿漏れに関係する骨盤底筋を上手に使うには?

作成者

妊娠中や産後の尿漏れに関係する骨盤底筋を上手に使うには?

 

 

こんばんは!

日本こども未来協会】所属
産前産後専門整体 mamaluxe(ママリュクス)】認定院

 

伊丹市にある、ママとその家族を笑顔にする
産前産後専門整体サロン Sourire(スリール)】
代表の國見です(^^)

本日もブログをお読みいただきありがとうございます!!

 

 

みなさんいきなりですが、最近テレビや雑誌でも取り上げられることが多くなっている

骨盤底筋ってご存じですか?

出産大国フランスではペリネといわれています。

 

 

実はこの骨盤底筋が弱くなると、

尿漏れ、子宮脱、腰痛、便秘、、、などを起こしやすくなります!

 

今日は骨盤底筋と、その筋肉を意識するコツをお伝えします(^^)

 

 

骨盤底筋(ペリネ)とは

 

赤く色のついている部分が骨盤底筋群といわれ、

骨盤を開かないように締めるのもそうですが

子宮や内臓などが下に落ちてくる圧力に対して抵抗する役割があります。

 

この骨盤底筋(ペリネ)が妊娠中の重い子宮や出産で大きなダメージを受けます。

 

なので妊娠中や産後は骨盤底筋(ペリネ)がダメージを受けたままなので

尿漏れなどが多くなります。

 

あとは普段の姿勢や呼吸などによっても疲れてきているのです。

 

 

どんな姿勢や意識の仕方がいいの?

では、実際に骨盤底筋(ペリネ)を意識する際の姿勢のコツをお伝えします!

 

まず地べたでも、椅子でもいいですが座る際は

背中と脚の角度が90度以内になるよう意識して下さい。

 

90度以上開くと骨盤底筋(ペリネ)に余計な負担がかかります。

あと背中も丸めないようにしましょう!

 

 

 

 

どんな呼吸の仕方がいいのか

 

正しい姿勢が意識できたら次は呼吸です!

腹式呼吸で骨盤底筋(ペリネ)にアプローチかけましょう!!

 

1.骨盤底筋(ペリネ)をキュッと締めます。

イメージはおしっこを我慢する時ような感じです。

 

2.骨盤底筋(ペリネ)を基点に、下から

骨盤底筋→ウエスト→胴体→胸

という流れを意識して息を吐いていきます。

 

歯磨き粉のチューブを下からくるくると巻いて出すようなイメージです。

 

3.胸まで吐ききったら、すっとお腹の力を抜きます。

そうすると空気が自然と入ってきてお腹が膨らみます。

 

この1→2→3の流れを繰り返すだけです。

 

はじめはよくわからなくても繰り返していくと

徐々に、これかな?という感覚がつかめてきますよ(^^)

 

 

この呼吸法は、家で座っているときや、電車で座っているとき、

もちろん立っているときでもいいので、ふと思い出したときにやってください。

 

 

ながら運動になるので毎日コツコツとやって骨盤底筋(ペリネ)を鍛えて

将来の尿漏れ予防腰痛予防などに役立てて下さい(^^)

 

やり方がいまいちわからないなどありましたらLINEよりお気軽にご相談くださいね(^^)

 

 

 

本日もブログをお読みいただき本当にありがとうございました!

 

 

 

☆ママの笑顔は子供の笑顔☆
☆産前産後ケアを当たり前の世の中に☆

 

 

産前産後の体や心の辛さでお悩みの方は
「スリール」までお越しください。

 

 

【ご予約やお問い合わせ】
LINE@にて24時間受け付けております。
登録者限定割引チケットを配信しています。
☆ぜひ友達登録してくださいね(^^)☆

 

 

★ぜひ私たちの想いや活動を知ってください★

【日本こども未来協会】
「コンセプト」
子どもたちに大人になる楽しみを
「ミッション」
子どもたちの未来を
育てる人たちのための歯車になる
そのもとに
日本の子どもたちへ
より良い未来を残すために活動中

 

mamaluxe(ママリュクス)


「 mama : 母 + luxe : 優雅 」の意味があり、言葉通り
ママを優雅にする
という想いが込められています。
「ママの笑顔は子どもの笑顔」
をモットーとし、
「産前産後ケアを当たり前の世の中へ」
することをミッションとしています。
その想いに集まった全国のmamaluxeの認定店が、
産前産後ケアを日本中に広めていくために
日々活動しています。

 

全国のmamaluxe認定店はこちら